アメリカ・サウスカロライナ州チャールストンで開催されている「ボルボ・カーズ・オープン」(WTAプレミア/4月1~7日/賞金総額82万3000ドル/クレーコート)のシングルス2回戦で、第1シードのスローン・スティーブンス(アメリカ)がサラ・ソリベス トルモ(スペイン)を7-6(4) 7-6(4)で下し、3回戦に進出した。スティーブンスは1回戦をBYEで免除されていた。

 2017年USオープン・チャンピオンのスティーブンスは、このシーズン最初のクレーコート大会でソリベス トルモを退けるのに約2時間40分を必要とした。2016年大会の優勝者であるスティーブンスは、試合中に数回に渡って切れ味がよくない時間帯を送った。

 彼女はソリベス トルモに対して第1セットで2-5とリードされていたが、そこから挽回。また第2セット5-4から2度マッチポイントを無駄にしてしまったが、最終的にタイブレークで勝利をものにした。

 前年度覇者で第2シードのキキ・バーテンズ(オランダ)もまた、マルティナ・トレビサン(イタリア)を6-2 6-1で下して3回戦に勝ち進んだ。

 バーテンズは非常にシャープなプレーを見せ、トレビサンを片付けるのに1時間も必要としなかった。雨のため、試合開始は3時間遅れることになった。

 そのほかの試合では、第11シードのダニエル・コリンズ(アメリカ)、第12シードのミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)、第15シードのマリア・サカーリ(ギリシャ)、第16シードのペトラ・マルティッチ(クロアチア)らが2回戦に駒を進めた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はアカプルコの大会でのスローン・スティーブンス(アメリカ)
ACAPULCO, MEXICO - FEBRUARY 27: Sloane Stephens of United States returns a ball during the match against Beatriz Haddad Maia of Brazil as part of the day 3 of the Telcel Mexican Open 2019 at Mextenis Stadium on February 27, 2019 in Acapulco, Mexico. (Photo by Hector Vivas/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.