ITF(国際テニス連盟)の男子ツアー下部大会「第20回 かしわ国際オープンテニストーナメント」(ITFワールドテニスツアーM15/千葉県柏市・吉田記念テニス研修センター/4月1~7日/賞金総額1.5万ドル/ハードコート)の大会3日目は、男子シングルス1回戦残り10試合と男子ダブルス1回戦残り4試合が行われた。

 シングルスの日本勢は、羽澤慎治(慶應義塾大学)、前週の筑波(ITF1.5万ドル/ハードコート)で単複を制した今井慎太郎(イカイ)、同シングルス準優勝の山﨑純平(日清紡ホールディングス)と、予選勝者の仁木拓人(三菱電機)、島袋将(早稲田大学)、山尾玲貴(関西大学)、ワイルドカード(主催者推薦枠)の田中優之介(早稲田大学)、17歳の齋藤惠佑(グローバルプロテニスアカデミー)が2回戦に進出。学生王者の島袋は、同じ21歳で第1シードの徳田廉大(フリー)に4-6 7-5 7-5で競り勝った。

 ダブルスでは、第3シードの越智真(江崎グリコ)/徳田、羽澤/清水悠太(三菱電機)、ハン・ソンヨン(韓国)/野口莉央(明治安田生命)、今村昌倫(慶應義塾大学)/田中が勝ち上がり、ベスト8が出揃った。

 4月4日(木)は10時00分から、男子シングルス2回戦8試合と男子ダブルス準々決勝4試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、SEはスペシャル・イグザンプト、JRはITFジュニア枠、Ret.は途中棄権

男子シングルス1回戦

○2島袋将(早稲田大学)[Q] 4-6 7-5 7-5 ●1徳田廉大(フリー)[1]

○3山尾玲貴(関西大学)[Q] 6-1 3-6 6-2 ●4田島尚輝(TEAM YONEZAWA)[JR]

○7リー・クァンイ(台湾)[Q] 6-4 6-7(2) 6-4 ●8清水悠太(三菱電機)[6]

○12齋藤惠佑(グローバルプロテニスアカデミー)[JR] 6-1 2-0 Ret. ●11斉藤貴史(橋本総業ホールディングス)

○14田中優之介(早稲田大学)[WC] 4-6 6-2 6-1 ●13リンキー・ヒジカタ(オーストラリア)[JR]

------

○15仁木拓人(三菱電機)[Q] 2-6 6-3 7-6(5) ●16関口周一(Team REC)[5]

○20マーク・ホワイトハウス(イギリス)[Q] 6-3 6-4 ●19今村昌倫(慶應義塾大学)

○23山﨑純平(日清紡ホールディングス)[SE] 6-3 2-6 7-6(3) ●24ナム・ジソン(韓国)[4]

○28今井慎太郎(イカイ)[SE] 6-3 6-1 ●27菊池玄吾(福井県スポーツ協会)[Q]

○29羽澤慎治(慶應義塾大学)6-1 5-7 6-1 ●30福田創楽(イカイ)

男子ダブルス1回戦

○2羽澤慎治/清水悠太(慶應義塾大学/三菱電機)7-6(2) 2-6 [10-1] ●1スー・ユーシャオ/今井慎太郎(台湾/イカイ)[1]

○5越智真/徳田廉大(江崎グリコ/フリー)[3] 6-4 4-6 [10-4] ●6リンキー・ヒジカタ/田島尚輝(オーストラリア/TEAM YONEZAWA)

○7ハン・ソンヨン/野口莉央(韓国/明治安田生命)6-3 6-7(4) [10-7] ●8市川泰誠/齋藤惠佑(イカイ/グローバルプロテニスアカデミー)

○14今村昌倫/田中優之介(慶應義塾大学/早稲田大学)6-1 6-4 ●13松井俊英/佐々野正望(ASIA PARTNERSHIP FUND/吉田記念テニス研修センター)[WC]

※写真は1回戦で対戦した徳田廉大(フリー/右)と島袋将(早稲田大学/左)
写真提供◎公益財団法人 吉田記念テニス研修センター(TTC)

This article is a sponsored article by
''.