WTAツアー公式戦の「ボルボ・カーズ・オープン」(WTAプレミア/アメリカ・サウスカロライナ州チャールストン/4月1~7日/賞金総額82万3000ドル/クレーコート)のシングルス3回戦で、ともにトップ10プレーヤーである第2シードのキキ・バーテンズ(オランダ)と第3シードのアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)が苦杯をなめた。

 世界ランク6位で前年覇者のバーテンズが第15シードのマリア・サカーリ(ギリシャ)に6-7(8) 3-6で、同10位のサバレンカはモニカ・プイグ(プエルトリコ)に2-6 5-7で敗れた。

 また、世界8位で第1シードのスローン・スティーブンス(アメリカ)は第14シードのアイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)を4-6 6-4 6-4で倒し、準々決勝に進出した。

 そのほかの試合では、2011年大会の優勝者で第5シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、第8シードのマディソン・キーズ(アメリカ)、第9シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)、第11シードのダニエル・コリンズ(アメリカ)、第16シードのペトラ・マルティッチ(クロアチア)が勝ち上がり、ベスト8が出揃った。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はマイアミの大会でのキキ・バーテンズ(オランダ)
MIAMI GARDENS, FLORIDA - MARCH 25: Kiki Bertens of Netherlands plays Ashleigh Barty of Australia during the Miami Open Presented by Itau at Hard Rock Stadium March 25, 2019 in Miami Gardens, Florida.(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.