WTAツアー公式戦の「GNP保険オープン」(WTAインターナショナル/メキシコ・モンテレイ/4月1~7日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス準決勝が行われ、前年覇者で第2シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)と第5シードのビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)が決勝に勝ち進んだ。

 ムグルッサが第8シードのマグダレナ・リバリコバ(スロバキア)を6-2 6-3で、アザレンカは第1シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を6-4 4-6 6-1で下しての勝ち上がり。

 ツアーでの決勝進出が1年ぶりとなるムグルッサは、大会連覇とキャリア通算7勝目に王手をかけた。

 2016年12月に長男を出産したアザレンカは、2017年7月にツアー復帰してから初の決勝進出。2016年3月のマイアミ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)以来となる21回目のタイトル獲得を目指している。

 決勝で対戦する両者の過去の対戦成績は、1勝0敗でアザレンカがリード。2016年3月にマイアミの4回戦で初対戦しており、アザレンカが7-6(6) 7-6(4)で勝っている。

※写真はインディアンウェルズの大会でのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)
INDIAN WELLS, CALIFORNIA - MARCH 12: Garbine Muguruza of Spain plays a backhand against Kiki Bertens of the Netherlands during their women's singles fourth round match on day nine of the BNP Paribas Open at the Indian Wells Tennis Garden on March 12, 2019 in Indian Wells, California. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.