ルーマニアに対するフェドカップ準決勝に挑むフランス代表チームに、カロリーヌ・ガルシア(21位)、ポリーヌ・パルモンティエ(53位)、アリゼ・コルネ(54位)、クリスティーナ・ムラデノビッチ(63位)が選ばれた。WTAランキングのシングルス上位から4選手で、特に驚きはない。ムラデノビッチはダブルスの世界ランクで3位だ。

 フランスは、4月20、21日に北フランス・ノルマンディ地方のルーアンでルーマニアを迎え討ち、決勝進出をかけたベスト・オブ・5マッチの戦いを繰り広げることになる。

 前ラウンドで、前年度覇者のチェコを倒す番狂わせに成功したルーマニアは、過去には1976年に一度だけフランスと対戦したことがあった。フランスは6度目の決勝進出を目指しており、一方のルーマニアは一度も準決勝より上に勝ち進んだことはない。

 もうひとつの準決勝は、オーストラリア対ベラルーシの顔合わせとなっている。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はイメージ
Fans of France during the Fed Cup match between France and USA on April 22, 2018 in Aix-en-Provence, France. (Photo by Guillaume Ruoppolo/Icon Sport via Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.