ITF(国際テニス連盟)14才以下国別対抗戦「ワールドジュニア アジア・オセアニア最終予選」(マレーシア・クアラルンプール/4月8~13日/ハードコート)の女子大会2日目は、予選リーグ第2戦が行われた。

 グループAの日本は、ウズベキスタンを3勝0敗で下して2連勝を飾った。香港とともに予選リーグ2勝目を挙げた日本はグループ2位以上を確定させ、決勝トーナメント進出を決めた。

 この大会の上位進出国(出場枠は男女各4ヵ国)は、ワールドジュニア決勝大会(チェコ・プレステヨフ/8月5~9日/クレーコート)の出場権を獲得する。昨年は男女ともに準優勝を果たし、揃って世界大会に出場。先に行われた男子の部(4月1~6日)では日本が優勝を飾り、決勝大会出場を決めている。

ワールドジュニア女子日本代表

監督◎中山芳徳

選手◎虫賀心央(名古屋LTC)、石井さやか(TEAM YONEZAWA)、小林杏菜(海の中道M&T)

予選リーグ第2戦結果|女子

グループA

○日本(2勝)3-0 ●ウズベキスタン(2敗)

S2 ○小林 6-2 6-2 ●SHAKHNOZA MARIMOVA
S1 ○虫賀 6-0 6-0 ●MAFTUNABONU KAHRAMONOVA
D ○石井/虫賀 6-2 6-0 ●MUNISA ASURBEKOVA/KAHRAMONOVA

●マレーシア(2敗)1-2 ○香港(2勝)

■グループA|暫定順位

1位 日本(2勝)
2位 香港(2勝)
3位 マレーシア(2敗)
4位 ウズベキスタン(2敗)

グループB

○タイ(2勝)2-1 ●カザフスタン(2敗)

○台湾(1勝1敗)2-1 ●韓国(1勝1敗)

グループC

○フィリピン(2勝)3-0 ●インドネシア(2敗)

●スリランカ(2敗)0-3 ○ニュージーランド(2勝)

グループD

○中国(2勝)3-0 ●レバノン(2敗)

●インド(2敗)1-2 ○オーストラリア(2勝)

写真◎Getty Images

This article is a sponsored article by
''.