ITF(国際テニス連盟)男子16才以下国別対抗戦「ジュニアデビスカップ アジア・オセアニア最終予選」(タイ・バンコク/4月8~13日/ハードコート)の大会2日目は、予選リーグ第2戦が行われた。

 第1シードの日本はシリアを3勝0敗で下し、グループAで唯一全勝をキープした。

 この大会の上位進出国(出場枠は4ヵ国)がジュニアデ杯決勝大会(アメリカ・フロリダ州レイク ノナ/9月25~30日)への出場権を獲得する。昨年は男子が2連覇、女子はジュニアフェドカップで4位となり、男女揃って世界大会に進出した。

ジュニアデビスカップ 男子日本代表

監督◎岩本功

選手◎望月慎太郎、磯村志(やすいそ庭球部)、末岡大和(トップランAIOI)

※[ ]数字はシード順位

予選リーグ第2戦結果

グループA

○日本[1](2勝)3-0 ●シリア(1勝1敗)

S2 ○磯村 6-2 6-1 ●MOHAMAD YAMAN NAGHNAGH
S1 ○望月 7-6(5) 6-4 ●TAYM ALAZEMEH
D ○磯村/末岡 6-1 6-3 ●ALAZEMEH/PIERRE DJAROUEH

●カザフスタン(2敗)0-3 ○中国[8](1勝1敗)

■グループA|暫定順位

1位 日本(2勝)
2位 シリア(1勝1敗)
3位 中国(1勝1敗)
4位 カザフスタン(2敗)

グループB

○香港[2](2勝)3-0 ●スリランカ(2敗)

●ウズベキスタン(2敗)0-3 ○韓国[7](2勝)

グループC

○タイ[4](2勝)3-0 ●パキスタン(2敗)

●フィリピン(2敗)0-3 ○台湾[5](2勝)

グループD

○オーストラリア[3](2勝)3-0 ●ニュージーランド(1勝1敗)

●インドネシア(2敗)0-3 ○インド[6](1勝1敗)

写真◎Getty Images

This article is a sponsored article by
''.