スイス・ルガーノで開催されている「サムスン・オープン」(WTAインターナショナル/4月8~14日/賞金総額25万ドル/クレーコート)のシングルス1回戦で、第1シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)が母国の観客たちの前で世界ランク182位で予選を勝ち上がったアントニア・ロットナー(ドイツ)に5-7 2-6で敗れた。

 ベンチッチは第1セットの最初のゲームでロットナーのサービスをブレークしたが、その後はロットナーがじりじりと調子を上げて第8ゲームでブレークバック。ロットナーは6-5からのベンチッチのサービスゲームをブレークして第1セットをもぎ取った。

 ロットナーがこれで勢いをつけたのに対し、ベンチッチは流れを変えることができず。1-5からブレークバックして最後の抵抗を見せたが、次のサービスをブレークされて万事休すとなった。

 ともに22歳のふたりはジュニア時代にフレンチ・オープン・ジュニア決勝で対戦し、その際にはベンチッチがストレートで勝っていた。2年前のITF大会でも勝者はベンチッチだったが、WTAツアーの大会で対戦するのは初めてのことだった。

 世界20位のベンチッチは、今季にWTAツアーで2度優勝を遂げた初のプレーヤーになることを目指していたが、その可能性は初戦でついえた。2月のドバイで優勝していた彼女は、今季ここまでの16大会で輩出された16人の違ったチャンピオンのひとりだった。

 第2シードのカルラ・スアレス ナバロ(スペイン)もまた、1回戦で世界89位のポロナ・ヘルツォグ(スロベニア)に6-3 3-6 4-6で逆転負けを喫した。

 また、第3シードのビクトリア・クズモバ(スロバキア)は予選勝者のジウリア・ガット モンティコーネ(イタリア)を6-2 6-2で下し、2回戦に駒を進めた。

 初のツアー大会で予選を突破したジュニア世界ランク1位で16歳のクララ・タウソン(デンマーク)は、エフゲニヤ・ロディナ(ロシア)に7-6(2) 2-6 5-7で競り負けた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はアントニア・ロットナー(ドイツ)、2018年8月ニューヨークで撮影
USTA BILLIE JEAN KING NATIONAL T, NEW YORK, UNITED STATES - 2018/08/23: Antonia Lottner of Germany returns ball during qualifying day 3 against Francesca Di Lorenzo of USA at US Open Tennis championship at USTA Billie Jean King National Tennis Center. (Photo by Lev Radin/Pacific Press/LightRocket via Getty Images)、

 

This article is a sponsored article by
''.