ATPツアー公式戦の「Fayez Sarofim & Co. US男子クレーコート選手権」(ATP250/アメリカ・テキサス州ヒューストン/4月8~14日/賞金総額65万2245ドル/クレーコート)のシングルス準決勝で、キャスパー・ルード(ノルウェー)が予選から勝ち上がってきた世界ランク241位のダニエル エラヒ・ガラン(コロンビア)を7-5 6-2で下し、決勝進出を決めた。

 ATPワールドツアー史上初のノルウェー人チャンピオンとなることを目指している20歳のルードは、決勝でクリスチャン・ガリン(チリ)と対戦する。22歳のガリンはこの日、唯一勝ち残っていた地元選手で第8シードのサム・クエリー(アメリカ)を7-6(2) 6-2で倒した。

 プロ選手だったルードの父クリスチャンは、1996年にこの同じ地でリバー・オークス国際エキシビション・トーナメントに優勝していた。土曜日に観客席に来ていたクリスチャン・ルードは、1995年にスウェーデン・バスタッドでATPツアーの決勝に進出した最後のノルウェー人だ。

「初めて決勝に進出するというのは、素晴らしい感慨だ。僕たちはこのために、ハードワークを積んでいるんだよ」とルードは語った。

「ここまででも十分に素晴らしい週だったと言えるけど、僕は最後の試合に勝つことを渇望している」

 試合序盤に首の問題のためトレーナーの介入を必要としたルードは、第1セットで一時2-5とリードされながらも苦境を克服して勝利をつかんだ。

 ガリンもまた、初めてのツアー優勝を目指している。

 先月にサンパウロの準決勝でルードを破ったガリンは、ツアーで自己初の決勝に進出していた。

「優勝候補は彼さ。彼は以前にも、決勝を経験しているからね」とルードはコメントした。

 準決勝でルードが倒したガランは、土曜日の早い時間帯に第7シードのジョーダン・トンプソン(オーストラリア)に対する雨で延期されていた準々決勝の試合を1-6 6-4 6-4で終わらせていた。

 この日にもまた雨は降り、ふたつの準決勝の間には1時間半の待機時間があった。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はキャスパー・ルード(ノルウェー)
HOUSTON, TX - APRIL 13: Casper Ruud (NOR) hits a forehand during the U.S. Men's Clay Court Championship semifinal round on April 13, 2019 at River Oaks Country Club in Houston, TX. (Photo by George Walker/Icon Sportswire via Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.