先日、【スイングスピードの重要性】で取り上げた“リラックスポイント”でも分かるように、腕を鞭のように柔らかく使ってラケットを加速させるためのテイクバックを子どもの頃に覚えたいものです。

 ただ、サーブは動作が複雑なだけでなく、頭の上にインパクトポイントがあるため、感覚的にも非常に難しく、テニスのテクニックの中でもっとも習得するのが難しいショットと言えます。

 そこで、今回は練習前の空いたコートを使って、Playersクラス、Sクラスのみんなで動画のようなサーブ練習をしました。

 狙いは、腕を振った時に遅れて出てくるラインテープがインパクトポイントに出てくるタイミングを覚えることです。このタイミングが分かれば、腕を脱力して鞭のようにしならせた時にラケットが出てくるタイミングを習得できるはずです^_^

 誰が上手くできるかみんなで競い合ってやるのは楽しいものです

 コツを掴め未来のトッププレーヤーたち^_^

画像1: みんラボKids www.facebook.com

【サーブの加速を伴うインパクトポイントチェック】 先日、【スイングスピードの重要性】で取り上げた“リラックスポイント”でも分かるように、腕を鞭のように柔らかく使ってラケットを加速させるためのテイクバックを子どもの頃に覚えたいものです。 た...

みんラボKidsさんの投稿 2019年4月12日金曜日

みんラボKids

www.facebook.com
画像2: みんラボKids www.facebook.com

【スイングスピードの重要性】 時代とともに進化しているプレースタイルを支えている最も重要なテクニックは、“スイングスピード”です。 これにより、ボールの回転量とボールスピードが飛躍的に伸びてきました。 例えば、ベースラインからフラットで...

みんラボKidsさんの投稿 2019年4月4日木曜日

みんラボKids

www.facebook.com

This article is a sponsored article by
''.