女子テニスの国別対抗戦「フェドカップ(フェド杯)」のワールドグループ準決勝「フランス対ルーマニア」(4月20、21日/フランス・ルーアン/室内クレーコート)の組み合わせ抽選が行われ、オープニングマッチでクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)が世界ランク2位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)を迎え撃つことになった。

 第2試合では、世界21位のカロリーヌ・ガルシア(フランス)がミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)と対戦する。

 日曜日には相手を入れ替えたシングルスに続き、ダブルスでガルシア/ムラデノビッチが、イリナ カメリア・ベグ/モニカ・ニクレスク(ルーマニア)と対戦する予定になっている。

 フランスは2度フェドカップで優勝したことがあるが、1回戦で前年優勝国のチェコを破ったルーマニアはまだ一度も決勝に進出したことがない。

 この2国の対戦はまだ2度目に過ぎず、1976年の前対戦ではルーマニアが勝っていた。

 もうひとつの準決勝では、オーストラリア・ブリスベンのパット・ラフター・アリーナ(ハードコート)で、オーストラリアがベラルーシとの初対戦に臨むことになっている。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はインディアンウェルズの大会でのクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)
INDIAN WELLS, CALIFORNIA - MARCH 09: Kristina Mladenovic of France in action against Naomi Osaka of Japan during their women's singles second round match on day six of the BNP Paribas Open at the Indian Wells Tennis Garden on March 09, 2019 in Indian Wells, California. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.