女子テニスの国別対抗戦「フェドカップ(フェド杯)」のワールドグループ2部プレーオフ(4月20、21日)が行われ、ロシア、イギリス、スロバキア、日本が勝利をおさめた。

 第1シードのロシアがイタリアを4勝0敗で、第3シードのイギリスがカザフスタンを3勝1敗で、第4シードのスロバキアがブラジルを3勝1敗で、日本は第2シードのオランダを4勝0敗で下した。

 ロシアとイギリスがワールドグループ2部に昇格し、スロバキアと日本は残留を決めた。カザフスタンとブラジルは昇格ならず、オランダとイタリアは地域ゾーンのグループ1部に降格する。

※左側が開催国、[ ]数字はシード順位

ワールドグループ2部プレーオフ|4月20、21日

ロシア[1] 4-0 イタリア(ロシア・モスクワ/室内クレーコート)

R1 ○アナスタシア・ポタポワ 2-6 6-3 6-1 ●マルティナ・トレビサン
R2 ○アナスタシア・パブリウチェンコワ 7-6(4) 7-6(5) ●ジャスミン・パオリーニ
R3 ○アナスタシア・パブリウチェンコワ 6-4 6-3 ●マルティナ・トレビサン
R4 アナスタシア・ポタポワ 打切 ジャスミン・パオリーニ
R5 ○タブラダ・コバル/アナスタシア・ポタポワ 4-6 6-3 [10-7] ●サラ・エラーニ/ジャスミン・パオリーニ

日本 4-0 オランダ[2](日本・大阪/ハードコート)

R1 ○土居美咲 6-3 6-4 ●リシェル・ホーヘンカンプ
R2 ○日比野菜緒 6-1 6-2 ●ビビアネ・スクーフス
R3 ○土居美咲 6-3 6-2 ●ビビアネ・スクーフス
R4 日比野菜緒 打切 リシェル・ホーヘンカンプ
R5 ○青山修子/穂積絵莉 6-3 3-6 [10-6] ●レスリー・ケルクホーフ/デミ・シヒュース

イギリス[3] 3-1 カザフスタン(イギリス・ロンドン/室内ハードコート)

R1 ○ジョハナ・コンタ 4-6 6-3 6-2 ●ザリナ・ディアス
R2 ●ケイティ・ブルター 6-3 2-6 6-7(6) ○ユリア・プティンセバ
R3 ○ジョハナ・コンタ 4-6 6-2 7-5 ●ユリア・プティンセバ
R4 ○ケイティ・ブルター 6-7(1) 6-4 6-1 ●ザリナ・ディアス
R5 ハリエット・ダート/ヘザー・ワトソン 打切 アンナ・ダニリーナ/ガリーナ・ボスコボエワ

スロバキア[4] 3-1 ブラジル(スロバキア・ブラチスラバ/室内クレーコート)

R1 ○ドミニカ・チブルコバ 6-1 6-1 ●カロリーナ メリジェニ ロドリゲス・アウベス
R2 ○ビクトリア・クズモバ 6-3 6-3 ●ベアトリス・アダッド マイア
R3 ○ドミニカ・チブルコバ 7-6(3) 6-0 ●ベアトリス・アダッド マイア
R4 ビクトリア・クズモバ 打切 カロリーナ メリジェニ ロドリゲス・アウベス
R5 ●ビクトリア・クズモバ/レベッカ・スランコバ 1-6 3-6 ○カロリーナ メリジェニ ロドリゲス・アウベス/ルイーザ・ステファーニ

※写真はワールドグループ2部昇格を決めたイギリス代表チーム
LONDON, ENGLAND - APRIL 21: The Great Britain staff and players celebrate the teams win and qualification during the Fed Cup World Group II Play-Off match between Great Britain and Kazakhstan at Copper Box Arena on April 21, 2019 in London, England. (Photo by Charlie Crowhurst/Getty Images for LTA)


This article is a sponsored article by
''.