ATPツアー公式戦の「ミレニアム・エストリル・オープン」(ポルトガル・エストリル/4月29日~5月5日/賞金総額58万6140ユーロ/クレーコート)のシングルス1回戦で、西岡良仁(ミキハウス)がマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)を6-2 6-4で破り、初戦を突破した。試合時間は1時間8分。

 今大会に初めて出場した西岡は、今季のクレーコートで初勝利を挙げた。前週のバルセロナ(ATP500/クレーコート)では、1回戦でディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)に6-4 4-6 2-6で敗れていた。

 この結果で西岡は、マクドナルドとの対戦成績を2勝0敗とした。両者は2014年7月にレキシントン(ATPチャレンジャー/5万ドル/ハードコート)の予選で初対戦しており、西岡が6-3 6-4で勝っていた。

 西岡は2回戦で、第7シードのフランシス・ティアフォー(アメリカ)とミカエル・ククシュキン(カザフスタン)の勝者と対戦する。

 ジョン・ミルマン(オーストラリア)とのペアでダブルスにもエントリーしている西岡は、初戦で第4シードのマーカス・ダニエル(ニュージーランド)/ヴェスレイ・クールホフ(オランダ)と対戦する予定となっている。

 そのほかの日本勢はマクラクラン勉(日本)がマットヴェ・ミドルコープ(オランダ)とのペアで第2シードでダブルスに出場しており、初戦の対戦相手はワイルドカード(主催者推薦枠)のガスタン・エリアス/ペドロ・ソウザ(ともにポルトガル)となっている。

 ミレニアム・エストリル・オープンはATPツアー250の規模の大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

上位出場選手シード順位|シングルス

ステファノス・チチパス(ギリシャ)[1]
ファビオ・フォニーニ(イタリア)[2]
ガエル・モンフィス(フランス)[3]
ダビド・ゴファン(ベルギー)[4/WC]

※[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

※写真はオーストラリアン・オープンでの西岡良仁(ミキハウス)
撮影◎小山真司 / SHINJI OYAMA

This article is a sponsored article by
''.