WTAツアー公式戦の「J&T銀行プラハ・オープン」(チェコ・プラハ/4月29日~5月4日/賞金総額25万ドル/クレーコート)のダブルス1回戦で、加藤未唯(ザイマックス)/ストーム・サンダース(オーストラリア)がアレナ・フォミナ(ロシア)/エカテリーネ・ゴルゴゼ(ジョージア)を6-3 3-6 [10-6]で破り、初戦を突破した。試合時間は1時間14分。

 サンダースと加藤は、今大会で初めてペアを組んでダブルスに出場。加藤が二宮真琴(橋本総業ホールディングス)以外の選手とダブルスに出場したのは、昨年のウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)以来となる。

 加藤/サンダースは準々決勝で、アンナ・カリンスカヤ(ロシア)/ビクトリア・クズモバ(スロバキア)とアリシア・ロソルスカ/イガ・シフィオンテク(ともにポーランド)の勝者と対戦する。

 そのほかの日本勢は、青山修子(近藤乳業)がアビゲイル・スピアーズ(アメリカ)と、二宮真琴(橋本総業ホールディングス)はヤナ・シジコバ(ロシア)と組んでダブルスに出場。初戦の対戦相手は、第2シードの青山/スピアーズがワイルドカード(主催者推薦枠)のマリー・ブーズコバ(チェコ)/エバ・ワカノ(オランダ)、二宮/シジコバはルーシー・サファロバ/バーボラ・ステフコバ(ともにチェコ)となっている。

 J&T銀行プラハ・オープンはWTAインターナショナルに格付けされる大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

上位出場選手シード順位|シングルス

カロリーナ・プリスコバ(チェコ)[1]
アナスタシア・セバストワ(ラトビア)[2]
ワン・チャン(中国)[3]
ミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)[4]

※[ ]数字はシード順位

※写真は昨年のフレンチ・オープンでの加藤未唯(ザイマックス)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

This article is a sponsored article by
''.