ドイツ・ミュンヘンで開催されている「BMWオープン」(ATP250/4月29日~5月5日/賞金総額58万6140ユーロ/クレーコート)のシングルス2回戦で、第1シードで大会2連覇中のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)がフアン イグナシオ・ロンデロ(アルゼンチン)を7-5 6-1で下し、同大会での連勝数を「9」に伸ばした

 準々決勝進出を決めるのに、ズベレフはわずか64分しか必要としなかった。彼は次に、クリスチャン・ガリン(チリ)と対戦する。ガリンはこの日、第6シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-1 7-5で倒す番狂わせに成功した。

 ズベレフは今季最初のタイトルを目指しており、またロジャー・フェデラー(スイス)からの脅威にさらされている現在の世界3位というランキングを守ろうとしている。フェデラーは、来週のマドリッド(ATP1000)出場を予定している。

 そのほかの試合では、第3シードのマルコ・チェッキナート(イタリア)がマルティン・クーリザン(スロバキア)を6-1 6-3で下してベスト8に駒を進めた。彼は次のラウンドで、 第8シードのマートン・フクソービッチ(ハンガリー)と対戦する。フクソービッチは2回戦で、予選勝者のチアゴ・モンテーロ(ブラジル)を6-7(1) 6-4 6-3で倒して勝ち上がった。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)
MUNICH, GERMANY - MAY 01: Alexander Zverev of Germany celebrates during the BMW Open by FWU at MTTC IPHITOS on May 01, 2019 in Munich, Germany. (Photo by TF-Images/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.