ATPツアー下部大会の「Vitro ソウル・オープン・チャレンジャー」(チャレンジャー100/韓国・ソウル/4月29日~5月5日/賞金総額10万8320ドル/ハードコート)のシングルス準々決勝で、第12シードの伊藤竜馬(北日本物産)はマックス・パーセル(オーストラリア)に7-6(6) 6-7(2) 3-6で敗れた。試合時間は2時間34分。

 今大会での伊藤は、初戦となった2回戦でフィリップ・ペリウォ(カナダ)を7-5 6-2で、3回戦では第5シードのルーカス・ラッコ(スロバキア)を6-4 6-1で破って8強入りを決めていた。

 同じく準々決勝に進出していた内山靖崇(北日本物産)は、第11シードのクォン・スンウー(韓国)に4-6 7-6(6) 5-7で競り負けた。

 そのほかの日本勢は、第15シードの守屋宏紀(北日本物産)、第16シードの杉田祐一(三菱電機)、野口莉央(明治安田生命)、今井慎太郎(イカイ)が2回戦で、添田豪(GODAI)と内田海智(富士薬品)は1回戦で敗れていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、ITFはITFランキング上位枠、Altは繰り上がり出場、Ret.は途中棄権

日本人選手の結果

シングルス準々決勝

●56伊藤竜馬(北日本物産)[12] 7-6(6) 6-7(2) 3-6 ○60マックス・パーセル(オーストラリア)

●4内山靖崇(北日本物産)4-6 7-6(6) 5-7 ○9クォン・スンウー(韓国)[11]

シングルス3回戦

○56伊藤竜馬(北日本物産)[12] 6-4 6-1 ●49ルーカス・ラッコ(スロバキア)[5]

○4内山靖崇(北日本物産)6-4 6-4 ●6チョン・ユンソン(韓国)

シングルス2回戦

○56伊藤竜馬(北日本物産)[12] 7-5 6-2 ●54フィリップ・ペリウォ(カナダ)

●24守屋宏紀(北日本物産)[15] 2-6 1-6 ○22サケット・ミネニ(インド)

●8杉田祐一(三菱電機)[16] 2-6 3-6 ○6チョン・ユンソン(韓国)

○4内山靖崇(北日本物産)6-7(5) 6-3 6-4 ●1N.スリラム・バラジ(インド)[Alt]

●45野口莉央(明治安田生命)[ITF] 1-6 4-6 ○48セルゲイ・スタコウスキー(ウクライナ)[3]

●11今井慎太郎(イカイ)[ITF] 3-6 2-6 ○9クォン・スンウー(韓国)[11]

シングルス1回戦

●27添田豪(GODAI)6-2 4-6 4-6 ○28ヤン・ツン フア(台湾)

○4内山靖崇(北日本物産)6-3 1-6 6-3 ●3セム・イルケル(トルコ)

●19内田海智(富士薬品)6-4 1-6 4-6 ○20ウー・トゥンリン(台湾)

○45野口莉央(明治安田生命)[ITF] 3-6 6-4 6-0 ●46ホン・ソンチャン(韓国)[WC]

○11今井慎太郎(イカイ)[ITF] 6-1 6-3 ●12チョン・ホン(韓国)[WC]

ダブルス準々決勝

●11フランシス ケーシー・アルカンタラ/今井慎太郎(フィリピン/イカイ)[ITF] 3-6 4-6 ○10ルベン・ビーママンズ/セルゲイ・スタコウスキー(ベルギー/ウクライナ)

ダブルス1回戦

●13リカルダス・ベランキス/松井俊英(リトアニア/ASIA PARTNERSHIP FUND)2-6 1-6 ○14ナム・ジソン/ソン・ミンギュ(韓国)[ITF]

○11フランシス ケーシー・アルカンタラ/今井慎太郎(フィリピン/イカイ)[ITF] 1-6 4-1 Ret. ●12ダビド・ペル/ハンス・ポドリプニク カスティージョ(オランダ/チリ)

※写真はオーストラリアン・オープンでの伊藤竜馬(北日本物産)
撮影◎小山真司 / SHINJI OYAMA

This article is a sponsored article by
''.