九州テニス協会が主催する「第37回 全国小学生テニス選手権大会 九州地域予選大会」(5月3~6日/大分県大分市・大分スポーツ公園昭和電工テニスコート/砂入り人工芝コート)は最終日を迎え、男女シングルス決勝などが行われた。

 男子シングルス決勝は第2シードの太田周(長崎/相浦小5年)が第3シードの鵜狩良仁(鹿児島/伊集院小6年)を1-6 6-3 6-0で、トップ2シードの対戦となった女子シングルス決勝は第1シードの井手葵(福岡/味坂小6年)が第2シードの光成七優(宮崎/住吉南小5年)を6-2 6-4で破り、それぞれ優勝を飾った。

 井手は岩中暮里(福岡/修多羅小6年)とのペアで臨んだダブルスを制しており、単複2冠を達成した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

男子シングルス決勝

○32太田周(長崎/相浦小5年)[2] 1-6 6-3 6-0 ●9鵜狩良仁(鹿児島/伊集院小6年)[3]

男子シングルス3位決定戦

○佐藤仁星(熊本/白山小6年)[4] 6-3 6-3 ●小浜守大郎(沖縄/コザ小6年)

女子シングルス決勝

○1井手葵(福岡/味坂小6年)[1] 6-2 6-4 ●32光成七優(宮崎/住吉南小5年)[2]

女子シングルス3位決定戦

○渡久地杜生(沖縄/美原小6年)[3] 7-6(2) 6-4 ●木村英梨加(福岡/三宅小6年)

※写真はシングルス優勝の太田周(長崎:相浦小5年/左)と井手葵(福岡:味坂小6年/右)
写真提供◎大分県テニス協会ジュニア委員会

This article is a sponsored article by
''.