スペイン・マドリッドで開催されている「ムトゥア・マドリッド・オープン」(WTAプレミア・マンダトリー/5月4~11日/賞金総額702万1128ドル/クレーコート)の女子シングルス2回戦で、世界ランク1位の大坂なおみ(日清食品)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のサラ・ソリベス トルモ(スペイン)を7-6(5) 3-6 6-0で下し、3回戦に駒を進めた。

「第1セットでの私は、少しラッキーだったと感じているわ」と大坂は振り返った。

「第3セットでは、私はただ“ゾンビモード”になった。それから、必ずしも結果ではなく、勝つためにやらなければならないすべてを考えたの」

 大坂は次の3回戦で、予選勝者のアンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア)を6-2 6-2で下して勝ち上がったアリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)と対戦する。

 そのほかのシード勢では、第3シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)がジョハナ・コンタ(イギリス)を7-5 6-1で下した。一方、第5シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)は予選勝者のカテリーナ・コズロワ(ウクライナ)に5-7 6-2 4-6で敗れた。

 また、 第4シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)は右足首の故障のため、ペトラ・マルティッチ(クロアチア)に対する2回戦の前に棄権を決めた。

 そのほかの試合では、ドナ・ベキッチ(クロアチア)が予選勝者のクリスティーナ・プリスコバ(チェコ)を6-4 6-4で、ジェン・サイサイ(中国)はアリゼ・コルネ(フランス)を6-2 3-6 6-4で下して2回戦を突破。カロリーヌ・ガルシア(フランス)はワイルドカードで出場のソラナ・シルステア(ルーマニア)を6-4 3-6 6-1で乗り越え、3回戦に進んだ。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は大坂なおみ(日清食品)
MADRID, SPAIN - MAY 07: Naomi Osaka of Japan celebrates in her match against Sara Sorribes Tormo of Spain during day four of the Mutua Madrid Open at La Caja Magica on May 07, 2019 in Madrid, Spain. (Photo by Alex Pantling/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.