ATPツアー公式戦の「ムトゥア・マドリッド・オープン」(ATP1000/スペイン・マドリッド/5月5~12日/賞金総額727万9270ユーロ/クレーコート)の男子シングルス3回戦で、第6シードの錦織圭(日清食品)はスタン・ワウリンカ(スイス)に3-6 6-7(3)で敗れた。試合時間は1時間35分。

 マドリッドに7年連続8度目の出場となった錦織は、2014年の準優勝が最高成績。昨年は1回戦で、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に5-7 4-6で敗れていた。

 今大会での錦織は、初戦となった2回戦で予選勝者のヒューゴ・デリエン(ボリビア)を7-5 7-5で破って勝ち上がっていた。

 この結果でワウリンカは、錦織との対戦成績を7勝4敗とした。今シーズンは2月にロッテルダム(ATP500/室内ハードコート)の準決勝で対戦し、ワウリンカが6-2 4-6 6-4で勝っていた。

 今シーズンの錦織は、開幕戦のブリスベン(ATP250/ハードコート)で約3年ぶりにタイトルを獲得してツアー決勝での連敗を「9」でストップし、オーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)では3年ぶり4度目の8強入りを果たした。

 ワウリンカは準々決勝で、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)とフランシス・ティアフォー(アメリカ)の勝者と対戦する。

※写真は錦織圭(日清食品)
MADRID, SPAIN - MAY 09: Kei Nishikori of Japan reacts in his match against Stan Wawrinka of Switzerland during day six of the Mutua Madrid Open at La Caja Magica on May 09, 2019 in Madrid, Spain. (Photo by Alex Pantling/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.