WTAツアー公式戦の「BNLイタリア国際」(WTAプレミア5/イタリア・ローマ/5月13~19日/賞金総額345万2538ドル/クレーコート)の女子ダブルス準々決勝で、青山修子(近藤乳業)/リジヤ・マロザバ(ベラルーシ)は第1シードのバーボラ・クレイチコバ/カテリーナ・シニアコバ(ともにチェコ)に4-6 5-7で敗れた。試合時間は1時間33分。

 マロザバと青山は、今季12大会目のダブルス出場。昨年10月の香港(WTAインターナショナル/ハードコート)と11月の珠海(WTAエリートトロフィ/ハードコート)では準優勝を果たした。

 今大会での青山/マロザバは、1回戦でケイトリン・クリスチャン(アメリカ)/アレクサンドラ・パノワ(ロシア)を6-3 6-4で、2回戦では前週敗れた第6シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/シュー・イーファン(中国)を6-2 6-7(5) [10-8]で破って8強入りを決めていた。

 クレイチコバ/シニアコバは準決勝で、アリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)/レシヤ・ツレンコ(ウクライナ)か、第5シードのシェイ・スーウェイ(台湾)/バーボラ・ストリコバ(チェコ)とビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)/アシュリー・バーティ(オーストラリア)の勝者と対戦する。

※写真は昨年のフレンチ・オープンでの青山修子(近藤乳業)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

This article is a sponsored article by
''.