日本テニス協会(JTA)などが主催する「DUNLOP SRIXON CUP 全国選抜ジュニアテニス選手権大会 兼 ワールドジュニアテニス世界大会 代表選考会」(千葉県柏市・吉田記念テニス研修センター/5月16~19日/ハードコート)は大会最終日を迎え、14歳以下と12歳以下の男女シングルス決勝などが行われた。

 14歳以下の決勝は男女ともにトップ2シードの対戦となり、男子は第2シードの前田優(九州/ラフ)が第1シードの眞田将吾(東海/三重グリーンTC)を4-6 7-6(4) 6-1で、女子は第1シードの石井さやか(関東/TEAM YONEZAWA)が第2シードの小林杏菜(九州/海の中道M&T)を4-6 7-5 7-5で破り、それぞれ優勝を飾った。

 今大会の14歳以下の部は、ワールドジュニアテニス世界大会の代表選手の選考会を兼ねている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

14歳以下の試合結果

男子シングルス決勝

○32前田優(九州/ラフ)[2] 4-6 7-6(4) 6-1 ●1眞田将吾(東海/三重グリーンTC)[1/WC]

男子3位決定戦

○本田尚也(関東/サトウGTC)[8] 6-4 6-4 ●髙妻蘭丸(九州/日向学院中学校)

女子シングルス決勝

○1石井さやか(関東/TEAM YONEZAWA)[1/WC] 4-6 7-5 7-5 ●32小林杏菜(九州/海の中道M&T)[2]

女子3位決定戦

○齋藤咲良(関東/MAT Tennis Academy)[8] 1-6 6-3 6-4 ●クロスリー真優(関東/ENDEAVOR)

※写真は14歳以下優勝の前田優(九州:ラフ/左)と石井さやか(関東:TEAM YONEZAWA/右)
撮影◎BBM

This article is a sponsored article by
''.