コロンビアの元デビスカップ監督ミゲル・トボンが、大会のワイルドカード(主催者推薦枠)への返礼として報酬を受け取ったことで、テニス・インテグリティ・ユニット(TIU)により1年の活動停止処分と2万ユーロの罰金を科せられた。

 テニスの不正防止機関であるTIUによれば、彼は2017年にコロンビアの大会において、シングルスとダブルスのワイルドカードを売るための交渉を行った、またそうしようと試みた罪に問われていた。それらの件は審議の結果、有罪とみなされた。

 トボンはまた、ワイルドカードを売ることで得た6000ドルを支払うよう言い渡された。トボンは、ニコラス・マスー(チリ)、アレハンドロ・ファージャ(コロンビア)、サンティアゴ・ヒラルド(コロンビア)などをコーチしてきた人物でもある。(C)AP(テニスマガジン)

写真◎Getty Images


This article is a sponsored article by
''.