今年ふたつ目のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/予選5月20日~、本戦5月26日~6月9日/クレーコート)の男子予選決勝で、添田豪(GODAI)はシモーネ・ボレッリ(イタリア)に1-6 6-7(5)で敗れた。試合時間は1時間27分。

 全仏に2年連続8度目の出場となった34歳の添田は、過去4度の本戦はすべて初戦敗退。昨年は予選1回戦で、アキラ・サンティラン(オーストラリア)に2-6 2-6で敗れていた。

 今大会での添田は、1回戦で第27シードのファクンド・バグニス(アルゼンチン)を6-1 6-2で、2回戦ではティーモ・デ バッカー(オランダ)を6-1 3-6 6-3で破り、男子の日本勢で唯一勝ち上がっていた。

 男子の日本勢は添田のほかに、伊藤竜馬(北日本物産)、内山靖崇(北日本物産)、綿貫陽介(日清食品)、守屋宏紀(北日本物産)、内田海智(富士薬品)が出場していたが、いずれも初戦で敗れていた。

 男子予選はシングルス128ドローで争われ、3試合に勝った16名が本戦の出場権を手にする。

男子予選決勝の試合結果|日本人選手

●39添田豪(日本/GODAI)1-6 6-7(5) ○34シモーネ・ボレッリ(イタリア)

※名前の左に付いている数字はドロー番号

写真◎Getty Images

This article is a sponsored article by
''.