ATPツアー公式戦の「エリック・ストゥルザ銀行 ジュネーブ・オープン」(ATP250/スイス・ジュネーブ/5月19~25日/賞金総額58万6140ユーロ/クレーコート)のシングルス準決勝で、第1シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が苦闘の末にフェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)を7-5 6-7(6) 6-3で下し、今季初タイトルに王手をかけた。

 22歳のズベレフは結局第1セットを取ったものの、5-1のリードをフイにして試合をより厳しいものにしてしまった。最終セットでズベレフは先にブレークを果たして2-1とリードを奪い、再度のブレークで試合を締めくくった。

 彼は決勝で、世界ランク75位のニコラス・ジャリー(チリ)と対戦することになった。

 ノーシードから勝ち上がってきたジャリーは第5シードのラドゥ・アルボット(モルドバ)を6-3 6-4で倒し、ATPツアーでキャリア2度目の決勝に進出した。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はマドリッドの大会でのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)
MADRID, SPAIN - MAY 08: Alexander Zverev of Germany returns the ball in his match against David Ferrer of Spain during day five of the Mutua Madrid Open at La Caja Magica on May 08, 2019 in Madrid, Spain. (Photo by Alex Pantling/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.