今年ふたつ目のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月26日~6月9日/クレーコート)の男子シングルス1回戦で、ディフェンディング・チャンピオンで第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が予選勝者のヤニック・ハンフマン(ドイツ)を6-2 6-1 6-3で下し、初戦を突破した。試合時間は1時間57分。

 全仏に15年連続出場となるナダルは、昨年の決勝でドミニク・ティーム(オーストリア)を倒して自身の持つ最多記録を更新する11度目の優勝。クレーコートの前哨戦ではローマ(ATP1000)でタイトルを獲得し、今大会を迎えている。

 ナダルは2回戦で、キマー・コペヤンス(ベルギー)との予選勝者同士の対戦を7-6(0) 7-5 6-3で制して勝ち上がったヤニック・マデ(ドイツ)と対戦する。

 また、グランドスラム4大会連続制覇に王手をかけている第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、ホベルト・ホルカシュ(ポーランド)を6-4 6-2 6-2で退けた。ジョコビッチは今大会で優勝すると、「ダブルグランドスラム」(4大大会2回以上制覇)の偉業を達成することになる。

 そのほかの試合では、第13シードのボルナ・チョリッチ(クロアチア)、第19シードのギド・ペラ(アルゼンチン)、2015年覇者で第24シードのスタン・ワウリンカ(スイス)、第26シードのジル・シモン(フランス)、クリスチャン・ガリン(チリ)、ラッキールーザーのヘンリー・ラクソネン(スイス)が2回戦に駒を進めた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者、LLはラッキールーザー

男子シングルス1回戦|主な試合結果

○1ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1] 6-4 6-2 6-2 ●2ホベルト・ホルカシュ(ポーランド)

○3ヘンリー・ラクソネン(スイス)[LL] 6-1 6-0 7-6(4) ●4ペドロ・マルチネス(スペイン)[Q]

○8ジル・シモン(フランス)[26] 6-3 6-3 6-4 ●7セルゲイ・スタコウスキー(ウクライナ)[LL]

-----

○16ボルナ・チョリッチ(クロアチア)[13] 6-1 6-7(4) 6-4 6-4 ●15アルヤズ・ベデネ(スロベニア)

○73スタン・ワウリンカ(スイス)[24] 6-1 6-7(3) 6-2 6-3 ●74ヨゼフ・コバリク(スロバキア)

○76クリスチャン・ガリン(チリ)7-6(7) 7-5 7-6(7) ●75ライリー・オペルカ(アメリカ)

-----

○120ギド・ペラ(アルゼンチン)[19] 7-6(2) 6-4 1-6 6-1 ●119ギド・アンドレオッシ(アルゼンチン)

○125ヤニック・マデ(ドイツ)[Q] 7-6(0) 7-5 6-3 ●126キマー・コペヤンス(ベルギー)[Q]

○128ラファエル・ナダル(スペイン)[2] 6-2 6-1 6-3 ●127ヤニック・ハンフマン(ドイツ)[Q]

※写真はラファエル・ナダル(スペイン)
PARIS, FRANCE - MAY 27: Rafael Nadal of Spain plays a backhand during his mens singles first round match against Yannick Hanfmann of Germany during Day two of the 2019 French Open at Roland Garros on May 27, 2019 in Paris, France. (Photo by Adam Pretty/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.