今年ふたつ目のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月26日~6月9日/クレーコート)の男子シングルス2回戦で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)がラッキールーザーのヘンリー・ラクソネン(スイス)を6-1 6-4 6-3で下し、3回戦に進出した。試合時間は1時間33分。

 全仏に15年連続出場となるジョコビッチは、2016年の決勝でアンディ・マレー(イギリス)を倒して生涯グランドスラム(キャリアを通じて4つのグランドスラムのすべてを制すること)を達成。昨年は準々決勝で、マルコ・チェッキナート(イタリア)に3-6 6-7(4) 6-1 6-7(11)で敗れていた。

 今大会でジョコビッチが優勝すると、「ダブルグランドスラム」(4大大会2回以上制覇)の偉業を達成することになる。

 ジョコビッチは次のラウンドで、第26シードのジル・シモン(フランス)を6-1 6-2 6-4で破って勝ち上がった予選勝者のサルバトーレ・カルーゾ(イタリア)と対戦する。

 そのほかの試合では、前年の準優勝者で第4シードのドミニク・ティーム(オーストリア)、第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、第30シードのドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)、パブロ・クエバス(ウルグアイ)、レオナルド・メイヤー(アルゼンチン)、ジョーダン・トンプソン(オーストラリア)が2回戦を突破。前年8強入りした第17シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)がメイヤーに6-4 3-6 4-6 5-7で敗れ、第28シードのカイル・エドマンド(イギリス)はクエバスとの試合を第3セット途中でリタイアした。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者、LLはラッキールーザー、Ret.は途中棄権

男子シングルス2回戦|主な試合結果

○1ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1] 6-1 6-4 6-3 ●3ヘンリー・ラクソネン(スイス)[LL]

○6サルバトーレ・カルーゾ(イタリア)[Q] 6-1 6-2 6-4 ●8ジル・シモン(フランス)[26]

○25ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)[30] 6-3 6-3 6-4 ●28エリオット・ベンシェトリ(フランス)[Q]

○32アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[5] 6-1 6-3 7-6(3) ●29ミカエル・イーメル(スウェーデン)[Q]

------

○33ドミニク・ティーム(オーストリア)[4] 6-3 6-7(6) 6-3 7-5 ●36アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)

○38パブロ・クエバス(ウルグアイ)7-6(3) 6-3 2-1 Ret. ●40カイル・エドマンド(イギリス)[28]

○58ジョーダン・トンプソン(オーストラリア)6-3 6-4 6-7(2) 6-3 ●59イボ・カルロビッチ(クロアチア)

○86レオナルド・メイヤー(アルゼンチン)4-6 6-3 6-4 7-5 ●88ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)[17]

※写真はノバク・ジョコビッチ(セルビア)
PARIS, FRANCE - MAY 30: Novak Djokovic of Serbia plays a forehand during his mens singles second round match against Henri Laaksonen of Switzerland during Day five of the 2019 French Open at Roland Garros on May 30, 2019 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.