今年ふたつ目のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月26日~6月9日/クレーコート)のミックスダブルス1回戦で、二宮真琴(橋本総業ホールディングス)/オーサム・シタック(ニュージーランド)はナディヤ・キッシャノック(ウクライナ)/アイサムウルハク・クレシー(パキスタン)に6-3 2-6 [4-10]で敗れた。試合時間は1時間6分。

 この試合は出場予定だった第3シードのバーボラ・クレイチコバ(チェコ)/ラジーブ・ラム(アメリカ)が棄権したため、キッシャノック/クレシーの繰り上がり出場が決まっていた。

 シタックと二宮は、今大会で初めてペアを結成。二宮がグランドスラムのミックスダブルスに参戦したのは、今回が6度目だった。

 二宮は前年準優勝を果たした穂積絵莉(日本住宅ローン)と組んで女子ダブルスにも出場していたが、前日に行われた1回戦でデジレイ・クラブチェク/ジェシカ・ペグラ(ともにアメリカ)に6-4 2-6 5-7で敗れていた。

 キッシャノック/クレシーは2回戦で、ダリヤ・ユラク(クロアチア)/オースティン・クライチェク(アメリカ)と対戦する。ユラク/クライチェクは1回戦で、ミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)/ドミニク・イングロット(イギリス)を1-6 7-5 [14-12]で下しての勝ち上がり。

※写真は二宮真琴(左)/オーサム・シタック
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

This article is a sponsored article by
''.