今年ふたつ目のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月26日~6月9日/クレーコート)の女子シングルス3回戦で、第1シードの大坂なおみ(日清食品)はカテリーナ・シニアコバ(チェコ)に4-6 2-6で敗れた。試合時間は1時間17分。

 全仏に4年連続出場となった大坂は、過去2度の3回戦進出(2016年、18年)が最高成績。昨年は3回戦で、マディソン・キーズ(アメリカ)に1-6 6-7(7)で敗れていた。

 この結果でシニアコバは、大坂との対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。両者は昨年2月にドーハ(WTAプレミア5/ハードコート)の1回戦で初対戦しており、大坂が6-4 6-0で勝っていた。

 今大会での大坂は、1回戦でアンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア)を0-6 7-6(4) 6-1で、2回戦では元世界ランク1位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)を4-6 7-5 6-3で破って勝ち上がっていた。

 2018年シーズンの大坂は、3月にインディアンウェルズ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)でツアー初優勝を果たし、9月にはUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)で日本テニス史上初めてシングルスでグランドスラムのタイトルを獲得。今年1月にはオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)でグランドスラム2大会連続制覇の偉業を達成し、世界ナンバーワンの座に就いた。

 史上初となる4大大会初優勝から3大会連続優勝を目指していた大坂だったが、グランドスラムでの連勝は「16」でストップした。

 シニアコバは4回戦で、第14シードのキーズと予選から勝ち上がってきたアンナ・ブリンコバ(ロシア)の勝者と対戦する。

※写真は大坂なおみ(日清食品)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

This article is a sponsored article by
''.