今年ふたつ目のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月26日~6月9日/クレーコート)の女子シングルス3回戦で、第1シードの大坂なおみ(日清食品)はカテリーナ・シニアコバ(チェコ)に4-6 2-6で敗れた。試合時間は1時間17分。

 全仏に4年連続出場となった大坂は、過去2度の3回戦進出(2016年、18年)が最高成績。昨年は3回戦で、マディソン・キーズ(アメリカ)に1-6 6-7(7)で敗れていた。

 史上初となる4大大会初優勝から3大会連続優勝を目指していた大坂だったが、グランドスラムでの連勝は「16」でストップした。

 この結果でシニアコバは、大坂との対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。両者は昨年2月にドーハ(WTAプレミア5/ハードコート)の1回戦で初対戦しており、大坂が6-4 6-0で勝っていた。

 グランドスラムで初の16強入りを果たしたシニアコバは次のラウンドで、予選勝者のアンナ・ブリンコバ(ロシア)を6-3 6-7(5) 6-4で破って勝ち上がった第14シードのキーズと対戦する。

 そのほかの試合では、ディフェンディング・チャンピオンで第3シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が第27シードのレシヤ・ツレンコ(ウクライナ)を6-2 6-1で、前日に18歳の誕生日を迎えたばかりのイガ・シフィオンテク(ポーランド)はモニカ・プイグ(プエルトリコ)を0-6 6-3 6-3で下し、勝ち上がった両者の4回戦での対戦が決まった。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

女子シングルス3回戦|主な試合結果

○6カテリーナ・シニアコバ(チェコ)6-4 6-2 ●1大坂なおみ(日本/日清食品)[1]

○16マディソン・キーズ(アメリカ)[14] 6-3 6-7(5) 6-4 ●11アンナ・ブリンコバ(ロシア)[Q]

○33シモナ・ハレプ(ルーマニア)[3] 6-2 6-1 ●40レシヤ・ツレンコ(ウクライナ)[27]

○45イガ・シフィオンテク(ポーランド)0-6 6-3 6-3 ●43モニカ・プイグ(プエルトリコ)

※写真はカテリーナ・シニアコバ(チェコ)
PARIS, FRANCE - JUNE 01: Katerina Siniakova of The Czech Republic celebrates victory during her ladies singles third round match against Naomi Osaka of Japan during Day seven of the 2019 French Open at Roland Garros on June 01, 2019 in Paris, France. (Photo by Clive Mason/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.