今年ふたつ目のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月26日~6月9日/クレーコート)の女子シングルス4回戦で、マルケタ・ボンドルソバ(チェコ)が第12シードのアナスタシア・セバストワ(ラトビア)を6-2 6-0で退け、ベスト8進出一番乗りを決めた。試合時間は59分。

 全仏に3年連続出場となる19歳のボンドルソバは、初参戦だった2017年に予選を突破して2回戦に進出したのがこれまでの最高成績だった。昨年は1回戦で、アナ・ボグダン(ルーマニア)に3-6 6-1 4-6で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。グランドスラムでボンドルソバが8強入りしたのは、今回が初となる。

 今シーズンのボンドルソバは2月のブダペストと4月のイスタンブール(ともにWTAインターナショナル/クレーコート)で決勝に進出したが、いずれも準優勝に終わっていた。

 今大会でのボンドルソバは、1回戦でワン・ヤファン(中国)を6-4 6-3で、2回戦でアナスタシア・ポタポワ(ロシア)を6-4 6-0で、3回戦では第28シードのカルラ・スアレス ナバロ(スペイン)を6-4 6-4で破って16強入りを決めていた。

 ボンドルソバは準々決勝で、第31シードのペトラ・マルティッチ(クロアチア)とカイア・カネピ(エストニア)の勝者と対戦する。

※写真はマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)
PARIS, FRANCE - JUNE 02: Marketa Vondrousova of The Czech Republic celebrates victory during her ladies singles fourth round match against Anastasija Sevastova of Latvia during Day eight of the 2019 French Open at Roland Garros on June 02, 2019 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.