今年ふたつ目のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月26日~6月9日/クレーコート)の女子シングルス4回戦で、第31シードのペトラ・マルティッチ(クロアチア)がカイア・カネピ(エストニア)を7-5 2-6 6-4で振りきり、グランドスラムで初のベスト8進出を果たした。試合時間は2時間12分。

 全仏に7年連続9度目の出場となる28歳のマルティッチは、過去2度のベスト16(2012年、17年)が最高成績だった。昨年は2回戦で、アナ・ボグダン(ルーマニア)に3-6 6-1 4-6で敗れていた。

 この結果でマルティッチは、グランドスラム4回戦での戦績を1勝4敗とした。

 両者は今回が初対戦。今シーズンのマルティッチは、4月にイスタンブール(ともにWTAインターナショナル/クレーコート)でWTAツアー初タイトルを獲得していた。

 今大会でのマルティッチは、1回戦でオンス・ジャバー(チュニジア)を6-1 6-2で、2回戦でクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)を6-2 6-1で、3回戦では第2シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を6-3 6-3で破って2年ぶり3度目の16強入りを決めていた。

 マルティッチは準々決勝で、マルケタ・ボンドルソバ(チェコ)と対戦する。19歳のボンドルソバは4回戦で、第12シードのアナスタシア・セバストワ(ラトビア)を6-2 6-0で下しての勝ち上がり。

※写真はペトラ・マルティッチ(クロアチア)
PARIS, FRANCE - JUNE 02: Petra Martic of Croatia celebrates victory during her ladies singles fourth round match against Kaia Kanepi of Estonia during Day eight of the 2019 French Open at Roland Garros on June 02, 2019 in Paris, France. (Photo by Clive Mason/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.