今年ふたつ目のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月26日~6月9日/クレーコート)の女子シングルス4回戦で、第8シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)が20歳のソフィア・ケネン(アメリカ)を6-3 3-6 6-0で倒し、ベスト8に進出した。試合時間は1時間30分。

 グランドスラムでバーティが8強入りしたのは、1月のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)に続いて2度目となる。

 全仏に3年連続6度目の出場となる23歳のバーティは、過去2度の2回戦進出(2013年、18年)がこれまでの最高成績だった。昨年は2回戦で、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)に6-3 3-6 4-6で敗れていた。今シーズンは3月に、マイアミ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)でキャリア最大のタイトルを獲得している。

 この結果でバーティは、ケネンとの対戦成績を3勝0敗とした。初対戦だった昨年4月のチャールストン(WTAプレミア/クレーコート)の1回戦は6-3 6-2で、今年2月のフェドカップ・ワールドグループ1回戦(アメリカ・ノースカロライナ州アッシュビル/室内ハードコート)では6-1 7-6(2)で、いずれもバーティが勝っていた。

 今大会でのバーティは、1回戦でジェシカ・ペグラ(アメリカ)を6-3 6-3で、2回戦でダニエル・コリンズ(アメリカ)を7-5 6-1で、3回戦ではアンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)を6-3 6-1で破って16強入りを決めていた。

 バーティは準々決勝で、第14シードのマディソン・キーズ(アメリカ)と対戦する。キーズは4回戦で、カテリーナ・シニアコバ(チェコ)を6-2 6-4で下しての勝ち上がり。

※写真はアシュリー・バーティ(オーストラリア)
PARIS, FRANCE - JUNE 03: Ashleigh Barty of Australia celebrates victory during her ladies singles fourth round match against Sofia Kenin of The United States during Day nine of the 2019 French Open at Roland Garros on June 03, 2019 in Paris, France. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.