今年ふたつ目のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月26日~6月9日/クレーコート)の男子シングルス4回戦で、第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が第9シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)を3-6 6-2 6-2 7-6(5)で倒し、グランドスラムで2度目のベスト8進出を果たした。試合時間は2時間55分。

 全仏に4年連続出場となる22歳のズベレフは、昨年の大会でグランドスラム自己最高の8強入り。準々決勝では、ドミニク・ティーム(オーストリア)に4-6 2-6 1-6で敗れていた。大会前週のジュネーブ(ATP250/クレーコート)では、今季初タイトルを獲得した。

 この結果でズベレフは、フォニーニとの対戦成績を3勝1敗とした。今シーズンは4月にフォニーニが制したモンテカルロ(ATP1000/クレーコート)の3回戦で対戦し、ズベレフは6-7(6) 1-6で敗れていた。

 今大会でのズベレフは、1回戦でジョン・ミルマン(オーストラリア)を7-6(4) 6-3 2-6 6-7(5) 6-3で、2回戦で予選勝者のミカエル・イーメル(スウェーデン)を6-1 6-3 7-6(3)で、3回戦では第30シードのドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)を6-4 6-2 4-6 1-6 6-2で破って16強入りを決めていた。

 ズベレフは準々決勝で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。ジョコビッチは4回戦で、ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)を6-3 6-2 6-2で下しての勝ち上がり。

※写真はアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)
PARIS, FRANCE - JUNE 03: Alexander Zverev of Germany celebrates victory during his mens singles fourth round match against Fabio Fognini of Italy during Day nine of the 2019 French Open at Roland Garros on June 03, 2019 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.