今年ふたつ目のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月26日~6月9日/クレーコート)の女子シングルス4回戦で、17歳のアマンダ・アニシモワ(アメリカ)が予選から勝ち上がってきたアリョーナ・ボルソバ(スペイン)を6-3 6-0で倒し、ベスト8進出を果たした。試合時間は1時間9分。

 全仏に2年ぶりの出場となるアニシモワは、4度目のグランドスラム本戦で初の8強入りを決めた。ワイルドカード(主催者推薦枠)を得て初出場した2017年は、1回戦で奈良くるみ(安藤証券)に6-3 5-7 4-6で敗れていた。

 2016年にジュニアの部で準優勝した実績を持つアニシモワは、1月のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で4回戦進出、4月にはボゴタ(WTAインターナショナル/クレーコート)でWTAツアー初タイトルを獲得した。

 両者は今回が初対戦。21歳のボルソバは、3度目のグランドスラム参戦で初めて予選を突破してここまで勝ち上がっていた。

 今大会でのアニシモワは、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のアルモニー・タン(フランス)を6-3 6-1で、2回戦で第11シードのアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)を6-4 6-2で、3回戦ではイリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)を7-6(8) 6-4で破って4回戦に駒を進めていた。

 アニシモワは準々決勝で、ディフェンディング・チャンピオンで第3シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)と対戦する。ハレプは4回戦で、3日前に18歳の誕生日を迎えたばかりのイガ・シフィオンテク(ポーランド)を6-1 6-0で下しての勝ち上がり。

※写真はアマンダ・アニシモワ(アメリカ)
PARIS, FRANCE - JUNE 03: Anna Anisimova of The United States celebrates victory during her ladies singles fourth round match against Aliona Bolsova of Spain during Day nine of the 2019 French Open at Roland Garros on June 03, 2019 in Paris, France. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.