今年ふたつ目のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月26日~6月9日/クレーコート)のジュニア男子シングルス決勝で、第7シードのホルガー ビトゥス ノズスコフ・ルーン(デンマーク)がノーシードから勝ち上がってきたトビー アレックス・コダット(アメリカ)を6-3 6-7(5) 6-0で倒し、グレードA大会での初優勝を飾った。試合時間は1時間48分。

 16歳のルーンは、今回が2度目のグランドスラム・ジュニア参戦。1月の全豪ジュニアでは、単複ともに2回戦敗退に終わっていた。

 この結果でルーンは、コダットとの対戦成績を2勝1敗と勝ち越した。両者は今季クレーコートで2度対戦し、2月のクリシウマ(ITFグレード1)の3回戦はコダットが1-6 6-2 6-1で、4月のボーリュー シュル メール(ITFグレード1)の準決勝ではルーンが6-0 7-6(1)で勝っていた。

 今大会でのルーンは、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のピエール・ドラージュ(フランス)を6-4 6-2で、2回戦でフアン バウティスタ・トーレス(アルゼンチン)を6-3 7-5で、3回戦でアルトゥール・カゾー(フランス)を6-4 6-3で下し、準々決勝は第15シードのフィリップ クリスティアン・ジアヌ(ルーマニア)の第2セット途中棄権で勝ち上がり、準決勝では第10シードのマーティン・ダム(アメリカ)を6-4 6-2で破って決勝進出を決めていた。

 ルーンは望月慎太郎(日本)とのペアでダブルスにも出場していたが、2回戦で第4シードのゼイン・カーン(アメリカ)/ブ・ユンチャオケテ(中国)に2-6 6-2 [7-10]で敗れていた。

ジュニア男子シングルス決勝

○32ホルガー ビトゥス ノズスコフ・ルーン(デンマーク)[7] 6-3 6-7(5) 6-0 ●42トビー アレックス・コダット(アメリカ)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

※写真はホルガー ビトゥス ノズスコフ・ルーン(デンマーク)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

This article is a sponsored article by
''.