今年ふたつ目のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月26日~6月9日/クレーコート)のジュニア男子ダブルス決勝で、第5シードのマテウス・プシネリ デ アルメイダ(ブラジル)/チアゴ アグスティン・ティランテ(アルゼンチン)がノーシードから勝ち上がってきたファビオ・コボッリ(イタリア)/ドミニク ステファン・シュトリッカー(スイス)を7-6(3) 6-4で下し、優勝を飾った。試合時間は1時間18分。

 ティランテとプシネリ デ アルメイダは、今大会で初めてペアを組んでダブルスに出場。ふたりはシングルスにも出場していたが、第5シードのティランテが3回戦で第10シードのマーティン・ダム(アメリカ)に6-7(3) 1-6で、プシネリ デ アルメイダは2回戦で第2シードのヨナス・フォレイティック(チェコ)に6-7(4) 4-6で敗れていた。

 今大会でのプシネリ デ アルメイダ/ティランテは、1回戦でアドリアン・アンドリエフ(ブルガリア)/Lodewijk WESTSTRATE(オランダ)を6-1 6-2で、2回戦でダリ・ブランチ(アメリカ)/クリスティアン・レアビー(オランダ)を7-5 6-0で、準々決勝で第4シードのゼイン・カーン(アメリカ)/ブ・ユンチャオケテ(中国)を6-3 6-2で、準決勝ではアンドリュー・ポールソン(チェコ)/エリック・ヴァンシェルボイム(ウクライナ)を6-1 6-0で破って決勝進出を決めていた。

ジュニア男子ダブルス決勝

○16マテウス・プシネリ デ アルメイダ/チアゴ アグスティン・ティランテ(ブラジル/アルゼンチン)[5] 7-6(3) 6-4 ●23ファビオ・コボッリ/ドミニク ステファン・シュトリッカー(イタリア/スイス)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

写真◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

This article is a sponsored article by
''.