今年ふたつ目のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月26日~6月9日/クレーコート)の男子シングルス決勝で、ディフェンディング・チャンピオンで第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第4シードのドミニク・ティーム(オーストリア)を6-3 5-7 6-1 6-1で下し、大会3連覇を果たした。試合時間は3時間1分。

 全仏に15年連続出場となったナダルは、昨年の決勝でティームを倒して自身の持つ最多記録を更新する11度目の優勝。クレーコートの前哨戦ではローマ(ATP1000)でタイトルを獲得し、今大会を迎えていた。

 ひとつのグランドスラムでの1種目で12回の優勝は、前人未到の快挙となる。

 この結果でナダルは、ティームとの対戦成績を9勝4敗とした。今シーズンは4月にバルセロナ(ATP500/クレーコート)の準決勝で対戦し、ティームが6-4 6-4で勝っていた。

 ナダルは全仏決勝で12戦負けなしで、大会通算成績を93勝2敗とした。クレーコートの5セットマッチでは、118勝目(2敗)を挙げた。ナダルのグランドスラムでのタイトル獲得は、昨年のロラン・ギャロス以来で通算18回目となる。

 今大会でのナダルは、1回戦で予選勝者のヤニック・ハンフマン(ドイツ)を6-2 6-1 6-3で、2回戦で予選勝者のヤニック・マデ(ドイツ)を6-1 6-2 6-4で、3回戦で第27シードのダビド・ゴファン(ベルギー)を6-1 6-3 4-6 6-3で、4回戦でフアン イグナシオ・ロンデロ(アルゼンチン)を6-2 6-3 6-3で、準々決勝で第7シードの錦織圭(日清食品)を6-1 6-1 6-3で、準決勝では第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)を6-3 6-4 6-2で破って決勝進出を決めていた。

 昨年の決勝でナダルに4-6 3-6 2-6で敗れたティームは、グランドスラムで初めて頂点に立つことを目指していた。今シーズンは3月に、インディアンウェルズ(ATP1000/ハードコート)でマスターズ初タイトルを獲得した。

 雨による中断や延期のせいで4日連続のプレーとなったティームは、前日に終了した準決勝で2度目のグランドスラム4大会連続制覇と「ダブルグランドスラム」(4大大会2回以上制覇)の偉業達成に挑んでいた第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6-2 3-6 7-5 5-7 7-5で倒していた。

※写真はラファエル・ナダル(スペイン)
PARIS, FRANCE - JUNE 09: Rafael Nadal of Spain celebrates match point following the mens singles final against Dominic Thiem of Austria during Day fifteen of the 2019 French Open at Roland Garros on June 09, 2019 in Paris, France. (Photo by Clive Mason/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.