[AD] 大卒2年目のテニスコーチが感じる、教えることの楽しさ
GODAIが新卒・中途で積極採用を行う

 東京、神奈川、千葉の首都圏5拠点でテニスを中心にインドアスポーツスクールを展開しているGODAI。1932年に自動車教習所として創業、75年よりテニススクールの運営を開始した。現在、テニスの指導に加えて、様々なことに挑戦したいという人材を求めて新卒、キャリア採用を積極的に行っている。

 今回、東武アーバンパークラインの新船橋駅から徒歩10分にあるGODAI船橋にお邪魔した。大卒2年目ながら老若男女問わず、多くのスクール生に人気で、すでにメインコーチとして多くのレッスンを任されている梛野舞コーチ(東京女子体育大学卒)に、GODAIで働くことの魅力を聞いた。

 この仕事を選んだきっかけは、人に何かを教えたいと同時にテニスを続けたいという気持ちだったという。「大学で教職をとるなど、人に何かを教える、伝える仕事がしたいと思っていました。でも、真剣に取り組んできたテニスもやめたくない。悩んだ結果、行きついた先がテニスコーチでした」

 それからGODAIとは別の場所でテニスコーチのアルバイトを始めた。実際に体験してみて「これを仕事にできたらいいな」と思い、就職活動中にGODAIに出会った。地域のお祭りやイベントに参加するなど地域に密着している点、指導以外にもいろいろなことに挑戦できる点に魅力に感じて入社試験を受けて、見事に合格した。

This article is a sponsored article by
''.