ITF(国際テニス連盟)の男子ツアー下部大会「レクサス 東京オープン」(ITFワールドテニスツアーM15/東京都昭島市・昭和の森テニスセンター/6月10~16日/賞金総額1.5万ドル/砂入り人工芝コート)の大会4日目は、シングルス準々決勝4試合とダブルス準決勝2試合が行われた。

 シングルスは、第1シードの野口莉央(明治安田生命)、川橋勇太(筑波大学)、ワイルドカード(主催者推薦枠)の田形諒平(筑波大学)、予選勝者の菊地裕太(日本)がベスト4に進出。準決勝では、野口が川橋と、田形は菊地と対戦する。

 インターハイで3冠(団体・個人単複優勝)を制した選手同士の対戦では、2017年王者の菊地が昨年の達成者でワイルドカード(主催者推薦枠)の白石光(早稲田大学)を6-3 4-6 6-1で倒した。

 ダブルスでは、第1シードの江原弘泰(イカイ)/片山翔(伊予銀行)が河内一真(フリー)/住澤大輔(橋本総業ホールディングス)を6-3 6-4で、第4シードの野口/田中優之介(早稲田大学)は川橋/守谷総一郎(Team REC)を6-1 6-3で破り、それぞれ決勝進出を決めた。

 6月15日(土)は12時00分から、シングルス準決勝2試合とダブルス決勝が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、JRはITFジュニア枠

シングルス準々決勝

○1野口莉央(明治安田生命)[1] 6-1 6-1 ●5齋藤惠佑(グローバルプロテニスアカデミー)[JR]

○11川橋勇太(筑波大学)7-5 6-1 ●13河内一真(フリー)

○19田形諒平(筑波大学)[WC] 7-6(5) 6-4 ●23片山翔(伊予銀行)

○30菊地裕太(日本)[Q] 6-3 4-6 6-1 ●28白石光(早稲田大学)[WC]

ダブルス準決勝

○1江原弘泰/片山翔(イカイ/伊予銀行)[1] 6-3 6-4 ●6河内一真/住澤大輔(フリー/橋本総業ホールディングス)

○12野口莉央/田中優之介(明治安田生命/早稲田大学)[4] 6-1 6-3 ●13川橋勇太/守谷総一郎(筑波大学/Team REC)

※写真は予選からシングルス準決勝に進出した19歳の菊地裕太(日本)
写真提供◎一般社団法人東京都テニス協会

This article is a sponsored article by
''.