WTAツアー公式戦の「ネイチャーバレー・オープン」(WTAインターナショナル/イギリス・ノッティンガム/6月10~16日/賞金総額25万ドル/グラスコート)のシングルス準々決勝で、元チャンピオンのドナ・ベキッチ(クロアチア)がついに大会本来のサーフェスであるグラスコートでプレーした。

 しかし雨による数回の中断に耐えたあと、またも室内ハードコートに戻った末にベスト4進出を決めた。

 第2シードのベキッチはまたも雨に妨げられたためにふたつのサーフェスで戦われたこの日の準々決勝で、第8シードのクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)を7-5 6-4で下した。

 雨のため大会の最初の2日間にまったく試合を行うことができなかった上、雨が4日連続で降り続けたことから、大会開催者は1回戦と2回戦を屋内ハードコードに移して実施するという決断を下さなければならなかった。

 2017年に同大会で優勝しているベキッチはノッティンガムでは3年連続となる準決勝で、第9シードのタチアナ・マリア(ドイツ)と対戦する。

 マリアはこの日のより早い時間帯に行われた準々決勝で、第6シードのアイラ・トムヤノビッチ(オーストリア)を6-3 7-6(7)で倒した。これはここまでの今大会において、グラスコートで最後まで敢行された唯一の試合となっている。

 そのほかの試合では、ジェニファー・ブレイディ(アメリカ)が第4シードのマリア・サカーリ(ギリシャ)を7-5 6-3で下し、準決勝で第1シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)と対戦することになった。

 ガルシアはこの日最後となった試合で、予選から勝ち上がってきたエレナ ガブリエラ・ルセ(ルーマニア)に4-6 7-6(3) 6-1で挽回勝ちした。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はドナ・ベキッチ(クロアチア)
NOTTINGHAM, ENGLAND - JUNE 14 : Donna Vekic of Croatia plays against Kristina Mladenovic of France during day five of the Nature Valley Open at Nottingham Tennis Centre on June 14, 2019 in Nottingham, United Kingdom. (Photo by Nathan Stirk/Getty Images for LTA)

This article is a sponsored article by
''.