ATPツアー下部大会の「ネイチャーバレー・オープン・ノッティンガム」(チャレンジャー125/イギリス・ノッティンガム/6月10~16日/賞金総額13万7560ユーロ/グラスコート)のシングルス準決勝で、添田豪(GODAI)は第1シードのダニエル・エバンズ(イギリス)に4-6 2-6で敗れた。試合時間は1時間10分。

 34歳の添田がチャレンジャー大会でベスト4に進出したのは、4月の台北(16万2480ドル/室内ハードコート)以来で今季2度目となる。

 今大会での添田は、1回戦でセム・イルケル(トルコ)を6-2 6-0で、2回戦で第12シードのオスカー・オッテ(ドイツ)を6-2 6-3で、3回戦でジェームズ・ダックワース(オーストラリア)を7-6(4) 6-2で、準々決勝では第16シードのルーカシュ・ロソル(チェコ)を6-4 6-4で破って4強入りを決めていた。

 そのほかの日本勢は、伊藤竜馬(北日本物産)が3回戦で、杉田祐一(三菱電機)が2回戦で、綿貫陽介(日清食品)は1回戦で敗れていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

日本人選手の結果

シングルス準決勝

●27添田豪(GODAI)4-6 2-6 ○1ダニエル・エバンズ(イギリス)[1/WC]

シングルス準々決勝

○27添田豪(GODAI)6-4 6-4 ●24ルーカシュ・ロソル(チェコ)[16]

シングルス3回戦

●19伊藤竜馬(北日本物産)4-6 7-6(0) 3-6 ○24ルーカシュ・ロソル(チェコ)[16]

○27添田豪(GODAI)7-6(4) 6-2 ●29ジェームズ・ダックワース(オーストラリア)

シングルス2回戦

○19伊藤竜馬(北日本物産)6-3 7-5 ●17マルセル・グラノイェルス(スペイン)[4]

○27添田豪(GODAI)6-2 6-3 ●25オスカー・オッテ(ドイツ)[12]

●51杉田祐一(三菱電機)1-6 3-6 ○49ヤニック・マデ(ドイツ)[6]

シングルス1回戦

○19伊藤竜馬(北日本物産)6-4 6-4 ●20ジェイソン・クブラー(オーストラリア)

○27添田豪(GODAI)6-2 6-0 ●28セム・イルケル(トルコ)

○51杉田祐一(三菱電機)6-3 3-6 6-3 ●52ジャン・ザ(中国)

●6綿貫陽介(日清食品)1-6 6-7(3) ○5クリストファー・ユーバンクス(アメリカ)

ダブルス1回戦

●2伊藤竜馬/ジャン・ジェイソン(北日本物産/台湾)3-6 6-7(6) ○1サンティアゴ・ゴンサレス/アイサムウルハク・クレシー(メキシコ/パキスタン)[1]

※写真は昨年のイルクリーの大会での添田豪(GODAI)
ILKLEY, ENGLAND - JUNE 16: Go Soeda of Japan in action during Day One of the Fuzion 100 Ikley Trophy at Ilkley Lawn Tennis & Squash Club on June 16, 2018 in Ilkley, United Kingdom. (Photo by Barrington Coombs/Getty Images for LTA)

This article is a sponsored article by
''.