前回は『上半身の使い方』にフォーカスしましたが、今回は『下半身』編です。

前回に引き続き、サーブが正しいフォームで打てているかのひとつの判断として、アメリカンフットボール状のボールでキャッチボールをします。きれいにジャイロ回転(横ブレがない)で飛んでいれば成功です。

まずは前回紹介した投げ終わりの画像をご覧ください。

画像1: サーブを打つときの正しい下半身(カラダ)の使い方…その3

右足に注目すると、膝が曲がり、足の裏が後ろを向いています。

次にサーブの打ち終わりをとらえた画像です。やはり膝が曲がり、足の裏がしっかりと後ろ(上)を向いています。

画像2: サーブを打つときの正しい下半身(カラダ)の使い方…その3

下半身からの連動がうまくいかない方は、打ち終わり(投げ終わり)に右足が突っ張っていることが
考えられます。

この動作は、上達屋プログラムのテニスアスリート体操10種目のうちの『エアツイスト(c)上達屋』を転用した動きです。

This article is a sponsored article by
''.