〜テニマガ講師陣がライブでレッスン!〜

第58回テニマガ・テニス部「夏休みの部活〜たっぷり練習編」概要

今回は“きっと”涼しい軽井沢で2つの部活を行います。それぞれ練習はいつもより“長め”です

画像: 軽井沢プリンスホテル ウエスト

軽井沢プリンスホテル ウエスト

画像: 軽井沢プリンスホテル ウエスト内テニスコート

軽井沢プリンスホテル ウエスト内テニスコート

7月27日(土)|部活(1) 古川禎己コーチ&根本秀明コーチ|ストローク編

講師◎古川禎己コーチ&根本秀明コーチ(フェローズスポーツ)

テーマ◎腕がひゅんひゅん動くようになる!〜スイングの加速 ※上達屋プログラム「テニスアスリート体操」も取り入れます

日時◎7月27日(土) 10:00〜16:00(9:45〜テニスコートで受付)(途中で約90分休憩予定)

古川&根本「パフォーマンスアップに有効な10種の体操『アスリート体操』(上達屋考案)の『テニス編』を紹介します。この体操をしっかりと覚えて、日々やり込んでいくと〈理に適ったカラダの操り方〉を導き出すことができます。そうすると技術の細かい部分をあれこれいじるよりも、将来に向かって自然に上達していく“大きな技術”を身につけることができるでしょう。今回の部活では、アスリート体操から始めて、それをテニスに落とし込んでいくところまで行います。練習終盤にみなさんがスイングの加速を感じられるように全力でサポートします!」

画像: 第45回テニマガ・テニス部_テニスアスリート体操(上達屋・手塚一志氏指導) youtu.be

第45回テニマガ・テニス部_テニスアスリート体操(上達屋・手塚一志氏指導)

youtu.be

7月28日(日)|部活(2) 堀内昌一先生|サービス編

講師◎堀内昌一先生(亜細亜大学教授 / テニス部監督)

テーマ◎書籍「丸ごと一冊サービス」をテキストとした実践講座〜たっぷり練習編 ※ナチュラルスピンサービス(自然な回転がかかったサービス)の習得、基礎練習から対人練習へ進めていきます

日時◎7月28日(日) 10:00〜16:00(9:45〜テニスコートで受付)(途中で約90分休憩予定)

堀内「サービスはゲームの第一打で、もっとも大切なショットであることはプレーヤーなら誰もが理解しています。ところが、サービス練習量はほかのプレーに比べて非常に少ないのが現状です。ならば、たくさん練習しましょう! それも理に適った動作を身につけてから、たくさんボールを打ち、再現性の高いサービスを目指していきます。今回の部活は、サービスの基礎練習を徹底的に行ったあと、対人形式の練習へ移行していきます」

画像: DVD テニスなるほどレッスン ~テニス丸ごとサービス~ youtu.be

DVD テニスなるほどレッスン ~テニス丸ごとサービス~

youtu.be

講師陣プロフィール

画像: 古川禎己コーチ(左)&根本秀明コーチ(右)(ともにフェローズスポーツ)

古川禎己コーチ(左)&根本秀明コーチ(右)(ともにフェローズスポーツ)

ふるかわ・さだみ(1968年10月13日生まれ)&ねもと・ひであき(1979年11月24日)◎fellows SPORTS(フェローズ スポーツ/本校は千葉・浦安)テニスコーチ。2017年1月より同スクールは、スポーツ上達工房「上達屋」の直営工房「上達屋 浦安工房-fellows-」をテニスコートに隣接する形でオープンした。上達屋代表・手塚一志氏が考案した「アスリート体操」は競技レベル、年代、性別にかかわらず〈理に適ったカラダの操り方〉を導くもので、これをフェローズスポーツ(各種競技がある)ではレッスンに取り入れ、スクール生の上達に役立てている。フェローズのテニスコーチたちは上達屋で研修を重ね、コーチ全員が上達屋認定資格「パフォーマンス・コーディネーター」取得を目指している。

画像: 堀内昌一先生(亜細亜大学教授 / テニス部監督 / 日本テニス協会公認マスターコーチ)

堀内昌一先生(亜細亜大学教授 / テニス部監督 / 日本テニス協会公認マスターコーチ)

ほりうち・しょういち◎1960年2月1日、東京都生まれ。亜細亜大学教授、テニス部監督。選手時代に83年ユニバーシアード出場。85、86年ジャパンオープン出場も果たした。現在は、学生の育成・強化はもちろんのこと、テニス界全体の普及・強化にも尽力。日本テニス協会公認マスターコーチとして指導者養成に携わる。主な著書は『テニス丸ごと一冊サービス』(書籍)、『テニス丸ごとサービスDVD』のほか、テニスマガジンで連載中の『テニスの戦略と戦術がよくわかるレッスン』をまとめた書籍『テニス丸ごと一冊戦略と戦術(1)~戦術を考えるために必要な基礎知識』『同(2)~サービスキープは勝つための絶対条件』『同(3)~ゲームの最終局面、ポイント獲得!』が好評発売中
(ベースボール・マガジン社刊)

場所

軽井沢プリンスホテルウエスト内テニスコート(砂入り人工芝コート4面使用予定)〒389-0193長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢 TEL0267-42-1111

【電車の場合】北陸新幹線 軽井沢駅南口より約30分間隔で無料シャトルバスを運行。詳しくはピックアップバス時刻表(下記)をご覧ください。タクシーで約2分、徒歩約13分(軽井沢プリンス ショッピングプラザの中を通り抜けてお越しください)。

【車の場合】上信越自動車道 碓氷軽井沢I.C.から11km(平常時12分)。
●北関東自動車道~高崎JCT(関越自動車道)経由で茨城県、栃木県方面からのアクセスが便利です。
●圏央道~鶴ヶ島JCT(関越自動車道)経由で神奈川県、静岡県方面からのアクセスが便利です。

【駐車料金】有料(詳細は施設フロントでご確認ください)
●ホテル施設利用者60分400円、2000円以上のご利用で2時間無料、5000円以上のご利用で3時間無料、1万円以上のご利用で6時間無料
●宿泊者は1泊につき1台1000円(出発日午後10:00まで)

参加条件

部活(1)(2) 生徒同士でラリーができる方

募集人数

部活(1)(2) 各40名

締切

定員になり次第、締め切らせていただきます。

参加費

大人6000円、中高生5000円、小学生4000円 

※参加費は当日、受付にてお支払いください。

※昼食は含まれておりませんので、休憩時間に各自で手配をお願いいたします。プリンスグランドリゾート軽井沢は、広大な敷地内に循環ピックアップバスが通っており、各所を移動できます。ホテル内レストランや軽井沢プリンスショッピングプラザ(アウトレットモール)などのレストランでお食事をお楽しみください。ルートマップおよび時刻表参照(上記リンク先)

※宿泊の斡旋はしておりません。各自でプリンスホテルなどへご確認ください。

※お一人でご参加で宿泊をお探しの方へ〜軽井沢周辺はシングルルームがあるホテルが少ないようです。北陸新幹線の隣駅、佐久平駅など最寄駅周辺ホテルをチェックしてみてください。

申し込み方法

下記「応募フォーム」からお申し込みください。申込が完了すると返信メールが届きます。申し込み開始は6月21日(金) 0時〜

※お申し込み時の注意点「e-mail 受信設定のお願い」----お申し込み後、みなさまの受信環境により返信メールが到着しない場合があります。その場合はお手数ですが、「@bbm-japan.com」からのe-mailを受信できるように、事前に設定していただけますようお願いいたします。

※設定方法についてはそれぞれの通信会社様にてご確認ください。

※それでも問題が解決しない場合は、たいへんおそれいりますが編集部(tennisbu@bbm-japan.com)までご連絡ください。申し込み状況の確認をさせていただきます。

※応募フォームは定員となった時点で、お申し込みができなくなります。その場合、追って「キャンセル待ち」をご案内予定です(WEBに配信予定)。

問い合わせ先

テニスマガジン編集部 テニマガ・テニス部 e-mail tennisbu@bbm-japan.com TEL03-5643-3844

※取材で不在にしていることが多いため、主にe-mailをご利用いただけると幸いです。
※開催日、および前日は準備のため不在です。

注意事項

※オンコートレッスンでは、プレーできる服装、ラケット、テニスシューズを持参してください。サーフェスは砂入り人工芝コートです。

※レッスン内容の写真撮影、ビデオ撮影はお断りいたします。ただし周囲の方にご配慮いただき、ご自身を撮影する場合はその限りではありません。

※使用するコートの面数は、参加人数により調整する場合があります。あらかじめご了承ください。

★★★雨天の場合★★★

※雨天の場合は中止とさせていただきます。WEB|テニスマガジンONLINE(http://tennismagazine.jp)で2時間前までに予定を発表いたします。編集部から開催の有無は直接ご連絡いたしませんので、各自でご確認をお願いいたします。公式アナウンスはすべてテニスマガジンONLINEに配信いたします。荒天が予想される場合は、早めにアナウンスを配信する場合があります。

※開始まで2時間を切った時点で天候が崩れ、レッスンが開始できない状況のときは、様子を見て対応する場合があります。その際は自由参加とし、キャンセルされる方は連絡をなさらず、お越しいただかなくて問題ありません。天候が回復してレッスンが再開でき、2時間以上レッスンが成立した場合は、予定の参加費をお支払いいただきます。

※開催日前日と当日は、編集部は準備のため不在となりますので、お電話でのお問い合わせには対応できません。

※お申し込み後のキャンセルは2日前までにe-mailまたはお電話で編集部までご連絡ください。それ以降のキャンセルは、キャンセル料として参加費の半額を、当日のキャンセルおよび無断でキャンセルされた場合は、参加費の全額をお支払いいただきます。

※ご応募に際し、『テニマガ・テニス部』の部員登録(無料)をお願いいたします。部員にはテニマガ・テニス部部活動に関するメール配信サービス、部員限定記事の閲覧サービスなどがあります。登録された個人情報をそれ以外の目的で利用したり、第三者に提供することは一切ありません。もちろん退部(解約)することもできます。詳しくはテニスマガジンONLINE( http://tennismagazine.jp )、「テニマガ・テニス部( tenimaga_tennisbu )の項目でご確認ください。

※この部活動の模様は、テニスマガジンおよびテニスマガジンONLINE(部員限定記事ほか)、Facebook、twitter、Instagram、YouTube(@tenimaga)に掲載される場合があります。

※各自傷害保険にご加入の上、ご参加ください。

This article is a sponsored article by
''.