これは今から57年前、1962年(昭和37年)の話。当時の全国高等学校体育連盟庭球部長(初代)だった長谷川寛治先生が大会報告書の中に執筆したものである。当時の日本、高校テニスの様子がよくわかる内容だ。また長谷川先生は高校生プレーヤーに向けて、厳しくも熱い想いをぶつけている/『高校テニス100年史』(ベースボール・マガジン社発行)、『昭和32年全国高等学校庭球選手権大会報告書』(全国高等学校体育連盟庭球部)より

This article is a sponsored article by
''.