今年3大会目のグランドスラム「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/予選6月24日~、本戦7月1~14日/グラスコート)の予選が6月24日(月)からスタートする。予選はローハンプトンにあるイングランド銀行スポーツセンターで行われる。

 男子シングルスの予選ドローが発表され、日本人選手は伊藤竜馬(北日本物産)、添田豪(GODAI)、内山靖崇(北日本物産)、内田海智(富士薬品)、綿貫陽介(日清食品)、守屋宏紀(北日本物産)、杉田祐一(三菱電機)の7人が名を連ねた。

 添田と綿貫が同じブロックに入り、内田、綿貫、守屋の初戦はシード選手との対戦となった。24歳の内田は、ウインブルドンに初挑戦となる。

 今年のウインブルドン予選は男女ともシングルス128ドローで争われ、3回勝ち上がった各16名が本戦への出場権を手にする。予選は6月27日(木)までの4日間にわたって行われる予定。

※コート番号は試合が予定されているコート、名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位
(試合予定は状況により変更されることがあります)

予選初日の試合予定|日本人選手

Court4

第2試合 MS-Q1R 47綿貫陽介(日本/日清食品)vs 48アレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)[26]

Court6

第4試合 MS-Q1R 18守屋宏紀(日本/北日本物産)vs 17ヤニック・マデ(ドイツ)[3]

Court7

第2試合 MS-Q1R 45添田豪(日本/GODAI)vs 46フィリッポ・バルディ(イタリア)

Court8

第2試合 MS-Q1R 60伊藤竜馬(日本/北日本物産)vs 59スティーブン・ディエズ(カナダ)

Court9

第1試合 MS-Q1R 116杉田祐一(日本/三菱電機)vs 115カルロス・ベロック(アルゼンチン)

Court10

第4試合 MS-Q1R 14内山靖崇(日本/北日本物産)vs 13ジャック・ドレイパー(イギリス)[WC]

Court13

第1試合 MS-Q1R 74内田海智(日本/富士薬品)vs 73アントワーヌ・ホアン(フランス)[10]

写真◎Getty Images

This article is a sponsored article by
''.