今年3大会目のグランドスラム「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/予選6月24日~、本戦7月1~14日/グラスコート)の予選4日目は、男女の予選決勝が行われた。

 女子予選はシングルス128ドローで争われ、第12シードのイザリン・ボナボントゥー(ベルギー)、第17シードのベアトリス・アダッド マイア(ブラジル)、第24シードのアナ・ボグダン(ルーマニア)、第28シードのバルバラ・フリンク(ロシア)、第29シードのテレザ・マルティンコバ(チェコ)、第30シードのアンナ・カリンスカヤ(ロシア)ら16人が本戦への切符を手にした。

 4人が出場した女子日本勢は、第4シードの土居美咲(ミキハウス)が2回戦で、第11シードの日比野菜緒(ブラス)、奈良くるみ(安藤証券)、清水綾乃(Club MASA)は1回戦で敗れていた。

 予選はローハンプトンにあるイングランド銀行スポーツセンターで開催された。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

女子予選決勝

○2コリ・ガウフ(アメリカ)[WC] 6-1 6-1 ●8グリート・ミネン(ベルギー)[19]

○16テレザ・マルティンコバ(チェコ)[29] 4-6 6-3 7-5 ●9アンナ・ブリンコバ(ロシア)[2]

○22クリスティ・アン(アメリカ)6-4 7-5 ●17ローレン・デービス(アメリカ)[3]

○27アリナ・ラディオノワ(オーストラリア)0-6 6-1 6-1 ●30ダニエル・ラオ(アメリカ)

------

○40アンナ・カリンスカヤ(ロシア)[30] 6-3 6-3 ●35アントニア・ロットナー(ドイツ)

○48カーヤ・ユバン(スロベニア)6-2 6-1 ●41クリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)[6]

○53キャティ・マクナリー(アメリカ)6-4 6-3 ●52ヤナ・セペロバ(スロバキア)

○64バルバラ・フリンク(ロシア)[28] 6-3 4-6 8-6 ●57エレナ・リバキナ(カザフスタン)[8]

------

○72パウラ・バドーサ(スペイン)6-4 2-6 6-3 ●68サマンサ・マレー(イギリス)[WC]

○77ジウリア・ガット モンティコーネ(イタリア)3-6 7-5 6-1 ●76オセアン・ドダン(フランス)

○85エレナ ガブリエラ・ルース(ルーマニア)7-5 6-1 ●83カタジーナ・カバ(ポーランド)

○89イザリン・ボナボントゥー(ベルギー)[12] 6-3 6-1 ●96アランチャ・ラス(オランダ)[26]

------

○104アナ・ボグダン(ルーマニア)[24] 6-3 6-1 ●97マリー・ブーズコバ(チェコ)[13]

○112ベアトリス・アダッド マイア(ブラジル)[17] 6-4 6-4 ●105オルガ・ダニロビッチ(セルビア)[14]

○116レスリー・ケルクホーフ(オランダ)0-6 6-4 6-4 ●119サビーネ・リシツキ(ドイツ)[WC]

○124ヤニナ・ウイックマイヤー(ベルギー)6-4 6-3 ●128リュドミラ・サムソノワ(ロシア)[31]

※写真は予選2回戦でのイザリン・ボナボントゥー(ベルギー)
LONDON, ENGLAND - JUNE 26: Ysaline Bonaventure of Belgium plays a backhand during her ladies singles match against Gabreiella Taylor of Great Britain during qualifying prior to The Championships, Wimbledon 2019 at Bank of England Sports Centre on June 26, 2019 in London, England. (Photo by Alex Pantling/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.