今年3大会目のグランドスラム「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月1~14日/グラスコート)の男子シングルス1回戦で、ディフェンディング・チャンピオンで第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)がフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)を6-3 7-5 6-3で破り、センターコートのオープニングマッチを勝利で飾った。試合時間は2時間2分。

 ウインブルドンに15年連続出場となるジョコビッチは、これまでに4度(2011年、14年~15年、18年)タイトルを獲得。昨年の決勝ではケビン・アンダーソン(南アフリカ)を6-2 6-2 7-6(3)で倒し、グランドスラムで13度目の栄冠に輝いた。

 この結果でジョコビッチは、コールシュライバーとの対戦成績を11勝2敗とした。ウインブルドンでは2015年にも1回戦で対戦し、ジョコビッチが6-4 6-4 6-4で勝っていた。

 ジョコビッチは2回戦で、デニス・クドラ(アメリカ)と対戦する。クドラは1回戦で、マレク・ジャジリ(チュニジア)を6-4 6-1 6-3で下しての勝ち上がり。

※写真はノバク・ジョコビッチ(セルビア)
LONDON, ENGLAND - JULY 01: Novak Djokovic of Serbia celebrates victory after his Men's Singles first round match against Philipp Kohlschreiber of Germany during Day one of The Championships - Wimbledon 2019 at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 01, 2019 in London, England. (Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.