今年3大会目のグランドスラム「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月1~14日/グラスコート)の女子シングルス2回戦で、第3シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)がモニカ・プイグ(プエルトリコ)を6-0 6-4で下し、ベスト32に進出した。試合時間は1時間。

 ウインブルドンに8年連続出場となる27歳のプリスコバは、昨年のベスト16がこれまでの最高成績。4回戦では、キキ・バーテンズ(オランダ)に3-6 6-7(1)で敗れていた。グラスコートの前哨戦ではイーストボーン(WTAプレミア)で2年ぶりのタイトルを獲得し、今大会を迎えている。

 プリスコバは次のラウンドで、キルステン・フリプケンス(ベルギー)を7-6(3) 6-3で破って勝ち上がった第28シードのシェイ・スーウェイ(台湾)と対戦する。

 そのほかの試合では、第8シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)、第20シードのアネット・コンタベイト(エストニア)、第31シードのマリア・サカーリ(ギリシャ)、ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)、カロリーナ・ムチョバ(チェコ)、ビクトリヤ・ゴルビッチ(スイス)が2回戦を突破した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、LLはラッキールーザー、Ret.は途中棄権

女子シングルス2回戦|主な試合結果

○65エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)[8] 5-7 6-5 Ret. ●67マルガリータ・ガスパリアン(ロシア)

○72マリア・サカーリ(ギリシャ)[31] 6-4 6-1 ●69マリー・ブーズコバ(チェコ)[LL]

○83カロリーナ・ムチョバ(チェコ)6-3 6-4 ●82マディソン・ブレングル(アメリカ)

○88アネット・コンタベイト(エストニア)[20] 7-5 6-1 ●86ヘザー・ワトソン(イギリス)

------

○89シェイ・スーウェイ(台湾)[28] 7-6(3) 6-3 ●92キルステン・フリプケンス(ベルギー)

○96カロリーナ・プリスコバ(チェコ)[3] 6-0 6-4 ●94モニカ・プイグ(プエルトリコ)

○102ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)6-2 6-0 ●103アイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)

○126ビクトリヤ・ゴルビッチ(スイス)6-4 7-6(3) ●127ユリア・プティンセバ(カザフスタン)

※写真はカロリーナ・プリスコバ(チェコ)
LONDON, ENGLAND - JULY 03: Karolina Pliskova of The Czech Republic plays a backhand in her Ladies' Singles second round match against Monica Puig of Puerto Rico during Day three of The Championships - Wimbledon 2019 at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 03, 2019 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.