今年3大会目のグランドスラム「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月1~14日/グラスコート)の女子シングルス4回戦で、第11シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が第30シードのカルラ・スアレス ナバロ(スペイン)を6-2 6-2で下し、ベスト8に進出した。試合時間は1時間4分。

 ウインブルドンに2年連続19回目の出場となる37歳のセレナは、過去7度(2002年~03年、09年~10年、12年、15年~16年)の優勝経験がある。昨年は決勝に進出したが、アンジェリック・ケルバー(ドイツ)に3-6 3-6で敗れていた。

 この結果でセレナは、スアレス ナバロとの対戦成績を7勝0敗とした。前回の対戦は2015年5月のマドリッド(WTAプレミア・マンダトリー/クレーコート)の準々決勝で、セレナが6-1 6-3で勝っていた。スアレス ナバロはセレナから1度もセットを奪えておらず、グラスコートでは今回が初対戦だった。

 今大会でのセレナは、1回戦で予選勝者のジウリア・ガット モンティコーネ(イタリア)を6-2 7-5で、2回戦で予選から勝ち上がってきた18歳のカーヤ・ユバン(スロベニア)を2-6 6-2 6-4で、3回戦では第18シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)を6-3 6-4で破って16強入りを決めていた。

 セレナは準々決勝で、アリソン・リスク(アメリカ)と対戦する。リスクは4回戦で、第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)を3-6 6-2 6-3で倒す金星を挙げての勝ち上がり。

※写真はセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)
LONDON, ENGLAND - JULY 08: Serena Williams of the United States plays a backhand in her Ladies' Singles fourth round match against Carla Suarez Navarro of Spain during Day Seven of The Championships - Wimbledon 2019 at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 08, 2019 in London, England. (Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.