今年3大会目のグランドスラム「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月1~14日/グラスコート)の男子シングルス4回戦で、第8シードの錦織圭(日清食品)がミカエル・ククシュキン(カザフスタン)と対戦。錦織がセットカウント1-1で迎えた第3セットを奪い、6-3 3-6 6-3で準々決勝進出に王手をかけた。

 両者の過去の対戦成績は、8勝0敗で錦織がリード。ウインブルドンでは2012年の1回戦で対戦し、錦織が7-5 6-3 6-4で勝っている。

 ウインブルドンに10年連続11回目の出場となる29歳の錦織は、昨年の大会で自己最高となるベスト8をマーク。準々決勝では、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3-6 6-3 2-6 2-6で敗れていた。

 今大会での錦織は、1回戦で予選勝者のチアゴ・モンテーロ(ブラジル)を6-4 7-6(3) 6-4で、2回戦でキャメロン・ノリー(イギリス)を6-4 6-4 6-0で、3回戦ではスティーブ・ジョンソン(アメリカ)を6-4 6-3 6-2で破って16強入りを決めていた。

 今シーズンの錦織は、開幕戦のブリスベン(ATP250/ハードコート)で約3年ぶりにタイトルを獲得してツアー決勝での連敗を「9」でストップし、グランドスラムでは昨年のウインブルドンから4大会連続で8強入りしている。

※写真は錦織圭(日清食品)
LONDON, ENGLAND - JULY 08: Kei Nishikori of Japan plays a backhand in his Men's Singles fourth round match against Mikhail Kukushkin of Kazakhstan during Day Seven of The Championships - Wimbledon 2019 at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 08, 2019 in London, England. (Photo by Matthias Hangst/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.